ニュース News

国枝、上地らがシングルスとダブルスに。ジュニアの木下、齋藤、石井はダブルス2回戦、車いすの高室が初戦に[全米オープン]

「ウィンブルドン」での上地

今年最後のグランドスラム、「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)。大会11日目には、国枝慎吾(日本/ユニクロ)らの出場する車いすの部の、シングルス準々決勝とダブルス1回戦が行われる。ジュニアの木下晴結(日本/LYNX TA大阪)、齋藤咲良(日本/MAT Tennis Academy)、石井さやか(日本/HSS)は、ダブルス2回戦に臨む。そしてジュニア車いすの部では、高室侑舞 (日本/荏原SSC)が初戦に挑む。大会公式ウェブサイトなどが報じている。

車いすの男女シングルスは各16名、クアードシングルスは8名が出場。男女ダブルスは各8組、クアードダブルスは4組が参加。ジュニアのダブルスには男女各32チームが出場。今回初めて行われるジュニア車いすの部には、男女各8名が参戦している。

車いすテニス界のレジェンド、38歳の国枝は、シングルス1回戦で世界ランキング7位のヨアキム・ジェラード(ベルギー)に6-3、7-5でストレート勝利。準々決勝は、日本人選手の出場する4試合が組まれたコート5の第1試合で、現地正午(日本時間9日午前1時)に開始予定だ。対戦相手の世界6位、23歳マルティン・デ ラ フェンテ(スペイン)は、1回戦では世界9位のゴードン・リード(イギリス)から第1セットを取ったところで、リードが手首の怪我のため棄権となった。国枝との対戦成績は、国枝の8勝0敗。国枝は全米3連覇、年間グランドスラム達成に向けて準決勝に駒を進められるか。

コート5の第2試合では、女子シングルス世界9位の26歳、田中愛美(日本/長谷工コーポレーション)が、世界7位の37歳ジェシカ・グリフィオン(オランダ)と対戦。田中は1回戦で、世界14位の21歳、船水梓緒里(日本/筑波大学)との日本人対決を6-2、6-4で制した。グリフィオンは初戦で、第4シードのジュ・ジェンジェン(中国)を6-1、6-3で下している。田中とグリフィオンの対戦成績はグリフィオンの7勝1敗で、田中はここのところ6連敗中だが、田中は船水にも5連敗中だった。この準々決勝でも連敗を止めることができるだろうか。

第3試合では、国枝が今度はダブルス初戦に臨む。シングルス世界1位の国枝は、ダブルスでは12位。パートナーはダブルス世界3位の28歳グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)。国枝はグランドスラムのシングルスで28回、ダブルスで22回優勝しているが、そのうちの2回、2019年の「全仏オープン」と今年の「ウィンブルドン」は、フェルナンデスとのペアでの栄冠だ。対戦相手は世界9位のトム・エフベリンク(オランダ)と世界6位のジェラードのペア。エフベリンクはグランドスラムのダブルスで一度、ジェラードは4度優勝経験がある。

第4試合では日本の女子車いすテニス界を牽引し続ける28歳の上地結衣(日本/三井住友銀行)が、ダブルスに登場。シングルス世界2位の上地は、ダブルスでは世界3位。シングルスではグランドスラムを8回制しており、ダブルスでは「全米オープン」3回(2014年、2018年、2020年)を含む18回の優勝を遂げている。パートナーはダブルス世界6位の36歳クオザード・モンジェーヌ(南アフリカ)。上地とモンジェーヌのペアは今季スペインとフランスの大会で優勝している。対戦相手は世界7位のダナ・マシューソン(アメリカ)と世界5位のルーシー・シューカー(イギリス)のペア。マシューソンは今年の「ウィンブルドン」のダブルスでグランドスラム初優勝を遂げたが、その時のパートナーは上地だった。

男子の第4シード、16歳の小田凱人(日本/東海理化)は、1回戦で世界12位のダニエル・カベルサスチ(スペイン)と対戦したが、小田が第1セットを6-0で取ったところで相手選手の棄権となった。日本時間の9日午前1時からコート10で開始予定の準々決勝では、世界5位の31歳ニコラ・パイファー(フランス)と対戦。パイファーは1回戦で、世界14位のアレハンデル・カタルド(チリ)を6-2、6-4で下した。パイファーは2009年からこれが11回目の「全米オープン」出場で、最高成績は2010年の準優勝。対戦成績は小田の3勝1敗だが、直近の7月の「ベルギー・オープン」で小田が敗れているのが気になるところだ。

コート13でも、日本選手の試合が4つ組まれている。日本時間9日午前1時開始予定の第1試合では、世界8位の27歳、大谷桃子(日本/かんぽ生命保険)が、現在女子車いすテニス界に君臨する世界女王ディーダ・デ グロート(オランダ)に挑戦する。大谷はこれが3年連続3度目の「全米オープン」出場で、グランドスラムでの最高成績は2020年「全仏オープン」での準優勝。1回戦では世界12位のアンヘリカ・ベルナール(コロンビア)を6-4、7-5で退けた。一方のデ グロートは現在「全米オープン」4連覇中、昨年は年間ゴールデンスラムを達成し、今年もグランドスラム3大会を制している。二人の対戦成績は、デ グロートの7勝1敗。大谷の1勝は、前述した2020年「全仏オープン」でのことだ。

第2試合には41歳の菅野浩二(日本/リクルート)がクアードダブルスの初戦に登場。世界9位の菅野のパートナーは世界11位の29歳Donald Ramphadi(南アフリカ)。対戦相手は第1シードのサム・シュレーダー(オランダ)/ニルス・フィンク(オランダ)ペア。今季「全仏オープン」と「ウィンブルドン」を制している強豪ペアだ。

弾3試合ではダブルス世界12位の船水が世界18位のベルナールとのペアで、第1シードのデ グロートとアニーク・ファンクォト(オランダ)のペアに挑む。デ グロート/ファンクォト組は、今季「全豪オープン」と「全仏オープン」で優勝している。

第4試合では、ダブルス世界8位の田中が世界4位のジュとのペアで、世界14位のPauline Deroulede(フランス)と世界10位のカタリーナ・クルーガー(ドイツ)のペアと、ダブルス初戦を戦う。

コート4の第1試合では、世界10位の33歳、三木拓也(日本/トヨタ自動車)がシングルス準々決勝に臨む。2014年「全仏オープン」以来8年ぶりのグランドスラム出場を果たした三木は、1回戦でこれまで8度対戦して勝ったことがなかった第3シードのフェルナンデスに、6-3、7-6(2)でストレート勝利。次の対戦相手、世界11位の23歳ルーベン・スパールハレン(オランダ)は、1回戦で世界35位のJason Keatseangsilp(アメリカ)に6-0、6-1で圧勝している。対戦成績は三木の3勝0敗だ。

コート4の第2試合では、上地がダブルスでペアを組むモンジェーヌとシングルス準々決勝を戦う。上地は1回戦で世界11位のマカレナ・カブリラーナ(チリ)を6-0、6-1で圧倒した。一方のモンジェーヌは初戦で、世界15位の高室冴綺(日本/スタートライン)との6-7(12)、6-4、6-1というフルセットの戦いに勝利した。上地とモンジェーヌの対戦成績は、上地の31勝4敗となっている。

コート4の第4試合では、日本選手がダブルスで対戦する。ダブルス世界16位の大谷が世界13位のグリフィオンと組み、世界17位の高室と世界9位のカブリラーナのペアと初戦を戦う。

そしてコート6の第3試合では、ダブルス世界11位の小田と世界14位のカタルドのペアが、世界25位の三木と世界16位のケイシー・ラツラフ(アメリカ)のペアが対戦する。

ジュニアでは現地正午(日本時間の9日午前1時)に第1試合が開始予定のコート11の第2試合に齋藤が登場。ジュニア世界ランキング16位、15歳の齋藤のパートナーは世界43位の17歳、シャルロット・ケンプナーポッズ(オーストラリア)。対戦相手は第3シードのLiv Hovde(アメリカ)/テイラー・プレストン(オーストラリア)ペア。齋藤ペアは1回戦でAlanis Hamilton(アメリカ)/Capucine Jauffret(アメリカ)ペアに3-6、6-2、[10-8]で勝利。Hovde/プレストン組は初戦でAnastasiya Lopata(ウクライナ)/Mila Slama(アメリカ)ペアを6-1、6-2で破っている。

世界53位、15歳の木下は、コート9の第4試合でダブルス2回戦を戦う。木下のパートナーは、世界60位の17歳Anastasiia Gureva(ロシア)。二人は初戦で第8シードのCeline Naef(スイス)/Amelie Van Impe(ベルギー)ペアに6-2、6-3でストレート勝利。2回戦の対戦相手、Alexis Blokhina(アメリカ)/Annabelle Xu(カナダ)ペアは、1回戦でMelisa Ercan(トルコ)/Amelia Waligora(ベルギー)ペアに6-3、7-5で勝利している。

世界39位、17歳の石井は、コート12の第3試合で、世界55位の18歳Lanlana Tararudee(タイ)とダブルス2回戦に臨む。1回戦ではAva Krug(アメリカ)/Valeria Ray(アメリカ)ペアに6-3、6-4で快勝。2回戦の相手であるMia Kupres(カナダ)/Ranah Akua Stoiber(イギリス)ペアは、初戦で第7シードのIrina Balus(スロバキア)/ニコラ・ドブナルーバ(スロバキア)ペアを6-1、6-2で破っている。

ジュニア車いすの部には、ジュニアラニング9位、15歳の高室が登場。コート15の第4試合で、ジュニア7位の17歳Ellie Robertson(イギリス)と対戦する。二人はこれが初対戦。グランドスラムで車いすのジュニア部門が開催されるのはこれが初めて。優勝すれば、初代グランドスラムチャンピオンとなる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」での上地
(Photo by Sebastian Frej/MB Media/Getty Images)

【全米オープンテニス2022】
WOWOWオンデマンド・WOWOWテニスワールドで全コートライブ配信!
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 国枝、上地らがシングルスとダブルスに。ジュニアの木下、齋藤、石井はダブルス2回戦、車いすの高室が初戦に[全米オープン]