ニュース News

ティアフォー、アルカラスが準決勝へ。ルブレフは鬼門のベスト8に泣く[全米オープン]

「全米オープン」でのティアフォー

現地9月7日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)大会10日目、男子シングルスのベスト4が出揃った。大会公式ウェブサイトなどが伝えている。

前日に準決勝進出を決めた第5シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)、第27シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)の仲間入りをまず果たしたのは、第22シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ)。グランドスラムで準々決勝に臨むのは初めてだったが、これが6度目のベスト8進出となる第9シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を7-6(3)、7-6(0)、6-4のストレートで退けた。「全米オープン」男子シングルスで地元アメリカの選手がベスト4に進むのは、2006年に準優勝したアンディ・ロディック以来16年ぶり。一方のルブレフはこれでグランドスラム準々決勝6連敗となった。

自国のグランドスラムで大きな声援を受け、ラファエル・ナダル(スペイン)を破った4回戦に続いて番狂わせを起こした24歳のティアフォーは、オンコートインタビューで以下のように語った。「クレイジーだね。24時間前に人生で最高の勝利を挙げたのに、またこうして大きな勝利を得ることができた。このコートではとても気持ち良くプレーできている。みんなから応援されているから、自分のベストを尽くしたくなるんだ。このコートでは毎回どうにかして打開策を見つけることができるよ。あと2試合残っているから、このまま楽しみたいね」

ティアフォーは続く準決勝、第11シードのヤニク・シナー(イタリア)との5時間以上にわたる死闘を制した第3シードのカルロス・アルカラス(スペイン)と決勝行きを懸けて戦う。なお、この日の会場には、元全米王者のロディック、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)の姿も見られた。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」でのティアフォー
(Photo by Frey/TPN/Getty Images)

【全米オープンテニス2022】
WOWOWオンデマンド・WOWOWテニスワールドで全コートライブ配信!
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ティアフォー、アルカラスが準決勝へ。ルブレフは鬼門のベスト8に泣く[全米オープン]