ニュース News

国枝、上地らは好発進。ジュニアの木下がダブルス2回戦へ[全米オープン]

「全米オープン」での国枝

現地9月7日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)大会10日目、車いすの部が開幕し、国枝慎吾(日本/ユニクロ)ら日本人選手が登場。また、前日の雨で試合が延期となっていたジュニアの坂本怜(日本/チェリーTC)の男子シングルス2回戦と、木下晴結(日本/LYNX TA大阪)の女子ダブルス1回戦も行われた。大会公式ウェブサイトが報じている。

車いすの部はこの「全米オープン」から2倍の規模となり、車いすの男女シングルスは各16名が出場。クアードシングルスは8名。男女ダブルスは各8組、クアードダブルスは4組が参加する。ジュニアのシングルス本戦には男女各64名が、ダブルスには男女各32チームが出場している。

今年、「全豪オープン」「全仏オープン」「ウィンブルドン」を制して、年間グランドスラム達成の期待が懸かる車いすテニス界のレジェンド、38歳の国枝は、世界ランキング7位で33歳のヨアキム・ジェラード(ベルギー)と対戦。第1シードの国枝はファーストサーブの確率とそのポイント取得率でジェラードを上回り、相手の11回のブレークチャンスのうち5回をしのいで、6-3、7-5のストレート勝ち。「全米オープン」3連覇に向け、好発進を切っている。

第4シードで16歳の小田凱人(日本/東海理化)は、世界12位で29歳のダニエル・カベルサスチ(スペイン)から第1セットを6-0で取った後、相手が棄権したため、1回戦突破が決まった。2014年「全仏オープン」以来8年ぶりのグランドスラム出場となったのは、世界10位で33歳の三木拓也(日本/トヨタ自動車)。これまで8回対戦して勝ったことがなかった第3シードのグスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)を6-3、7-6(2)で下し、2回戦へ駒を進めている。

女子シングルスでは、第2シードで28歳の上地結衣(日本/三井住友銀行)をはじめ5人の日本人が登場。上地はこれまで5戦全勝の世界11位で30歳のマカレナ・カブリラーナ(チリ)を相手にファーストサーブの確率こそ56%にとどまったものの、実際にボールが入ってからは安定感のあるプレーを見せ、6-0、6-1の大勝を収めた。

また、世界9位で26歳の田中愛美(日本/長谷工コーポレーション)と同14位で21歳の船水梓緒里(日本/筑波大学)による日本人対戦では、すべてのスタッツで上回った田中が6-2、6-4の勝利。5連敗中だった船水から久々の白星を手にした。世界8位で27歳の大谷桃子(日本/かんぽ生命保険)は同12位で27歳のアンヘリカ・ベルナール(コロンビア)を6-4、7-5で退けている。世界15位で27歳の高室冴綺(日本/スタートライン)は、世界5位で36歳のクオザード・モンジェーヌ(南アフリカ)相手にタイブレークの末に第1セットを取ったものの、そこから逆転され、7-6(12)、4-6、1-6で敗れた。

クアードシングルス世界9位で41歳の菅野浩二(日本/リクルート)は初戦敗退。同6位で29歳のDonald Ramphadi(南アフリカ)から第1セットを取ったが、相手に1回多い7回のブレークを許してしまい、6-2、3-6、5-7の逆転負けを喫した。

前日に雨で順延となっていたジュニアの男子シングルス2回戦、女子ダブルス1回戦も行われた。前者では、ジュニア世界ランキング27位で16歳の坂本が、第13シードで17歳のGerard Campana Lee(韓国)に4-6、6-7(5)の惜敗。ジュニア世界53位で15歳の木下は、同60位で17歳のAnastasiia Gureva(ロシア)と組んだダブルス1回戦で、第8シードのCeline Naef(スイス)/Amelie Van Impe(ベルギー)ペアを6-2、6-3のストレートで退け、2回戦へ進出している。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」での国枝
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

【全米オープンテニス2022】
WOWOWオンデマンド・WOWOWテニスワールドで全コートライブ配信!
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 国枝、上地らは好発進。ジュニアの木下がダブルス2回戦へ[全米オープン]