ニュース News

キリオスがメドベージェフに与えた、奇妙なポイントとは?【動画アリ】

「全米オープン」でのキリオス

第23シードのニック・キリオス(オーストラリア)がディフェンディングチャンピオンで第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)に勝利した「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)男子シングルス4回戦は、奇妙なポイントから主審との口論まで、盛りだくさんな内容となった。豪ニュースメディア New Dailyなど複数のメディアが詳細を報じている。

今年の「ウィンブルドン」で準優勝を飾っていたキリオスは、7-6(11)、3-6、6-3、6-2でメドベージェフを破り、「全米オープン」初のベスト8進出を決めた。試合後にメドベージェフはキリオスのプレーをノバク・ジョコビッチ(セルビア)やラファエル・ナダル(スペイン)と同じレベルだと絶賛。この試合は繊細なボールタッチやビッグサーブで観客を沸かせた一方、いくつかのハプニングでも話題となっている。

その一つが、第3セットの第2ゲームで生まれた珍しいポイントだ。メドベージェフはドロップショットを決め切れず、それを拾ったキリオスのフォアハンドに咄嗟に反応したラケットはボールを高く打ち上げてしまう。そのまま何もしなければボールはメドベージェフ側のコートに落ちてキリオスがプレークポイントを握るはずだったが、キリオスはメドベージェフ側のコートに侵入し、落下する前のボールを相手コートに打ち込んだのだ。派手なウィナーを決めたと思って満面の笑みを浮かべるキリオスだが、ポイントはメドベージェフのものに。空中にボールがある間はプレー中と見なされ、その間は相手側のコートに入ってはいけないルールになっているからだ。大会の公式Instagramに投稿されたこのプレーの動画には、「テニス史上、最も奇妙なポイントの一つ」とのコメントが添えられている。

試合後の記者会見でキリオスはこう振り返っている。「あれはテニス史上一番まぬけなプレーだった。正直言って、ルール上有効だと思ったんだ。あの時の俺の顔を見ればわかるだろう。最高のショットを決めてやったぜって感じだったけど、ルール違反だった。でも楽しかったよ」

試合の中盤には、メドベージェフにサービスエースを決められたキリオスが、後方の壁に当たって跳ね返ってきたボールをそのまま観客席に向かって打ち返すという危険な行為に及んでいる。ギリギリのところで壁は越えなかったものの、もう少しずれていたら最前列に座っていた観客を直撃していたかもしれない。たとえ故意でなかったとしても、ボールが観客に当たった場合、選手は即失格となる。キリオス自身もそれは十分にわかっていたはずで、「ウィンブルドン」の3回戦でステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦した際には、怒り任せに観客席に向かってボールを打ち込んだチチパスがその場で失格になるべきだったと訴えていた。

メドベージェフとの第1セットでは、主審に食い下がるキリオスの姿も見られた。選手のショットクロックのカウントダウンとなるスタートボタンを押すのは主審の仕事だが、それを押すのが早すぎると感じたキリオスは、「この件で問題がある主審なのはあんただけだ。常識を働かせろ。少しでいいから使ってくれ」と怒鳴っている。そして同じセットの終盤、今度はメドベージェフがサーブを邪魔してくるキリオス陣営に対する不満を主審にぶちまけた。同じようなことがまたあれば、その人を退場させるまでプレーしない、と脅している。試合後の記者会見でメドベージェフは、ファーストサーブとセカンドサーブの間にキリオスのチーム席にいた男性が「いいぞ、やっちまえ」などと叫んでいたと説明した上で、「一回だけだったから、多分わざとじゃなかったんだろう。だから、もういいんだ」と落ち着いた様子を見せていた。

今大会でも話題の絶えないキリオスは、準々決勝で第27シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦する。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」でのキリオス
(Photo by Diego Souto/Quality Sport Images/Getty Images)

【全米オープンテニス2022】
WOWOWオンデマンド・WOWOWテニスワールドで全コートライブ配信!
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. キリオスがメドベージェフに与えた、奇妙なポイントとは?【動画アリ】