ニュース News

シフィオンテク、サバレンカらがベスト8。ガルシアはダブルスでも準々決勝進出[全米オープン]

「全米オープン」でのシフィオンテク

現地9月5日の「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)大会8日目、女子シングルスではベスト8が決定した。大会公式ウェブサイトが伝えている。

第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)は「ウィンブルドン」ベスト8の世界ランキング108位ユレ・ニーマイヤー(ドイツ)に2-6、6-4、6-0の逆転勝利。シフィオンテクは第1セットでブレークチャンスを一度も作れなかったものの、13回のダブルフォールトを含め45回ものアンフォーストエラーを記録したニーマイヤー相手に第2セット以降はブレークを重ね、第2セット終盤から7ゲームを連取した。「全米オープン」初のベスト8進出を果たしたシフィオンテクは、この試合で今年19回目のベーグルを記録しており、これは2013年に25回を数えたセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)以来の多さとなる。

準々決勝でシフィオンテクと当たるのは、同じく「全米オープン」で初のベスト8入りを果たした第8シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)。4回戦で第21シードのペトラ・クビトバ(チェコ)を6-3、6-2で下し、今年の「全豪オープン」と「全仏オープン」に続いて今季3度目の準々決勝進出となった。

ベスト8入りした残り2人は、前回大会のベスト4で唯一勝ち残っている第6シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)、そして2年連続の準々決勝進出となった第22シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)。サバレンカは第19シードのダニエル・コリンズ(アメリカ)、プリスコバは第26シードのビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)をフルセットで破った。

また、女子ダブルスでもベスト8が決定。第4シードのリューメラ・キッチュノック(ウクライナ)/エレナ・オスタペンコ(ラトビア)ペアをストレートで下した第14シードのカロリーヌ・ガルシア(フランス)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)ペアなどが名を連ねた。ガルシアはシングルス、ダブルス両方でベスト8入りしている。

一方、混合ダブルスでは準々決勝2試合が行われ、第2シードのジャン・シューアイ(中国)/マテ・パビッチ(クロアチア)ペアとキルステン・フリプケンス(ベルギー)/エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)ペアがいずれも10ポイントのマッチタイブレークの末にベスト4へ駒を進めている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」でのシフィオンテク
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

【全米オープンテニス2022】
WOWOWオンデマンド・WOWOWテニスワールドで全コートライブ配信!
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. シフィオンテク、サバレンカらがベスト8。ガルシアはダブルスでも準々決勝進出[全米オープン]