ニュース News

連覇を逃したメドベージェフ「今年のグランドスラムではうまくいかなかった」[全米オープン]

「全米オープン」でのメドベージェフ

第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)は、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)で4回戦敗退となり、タイトルを防衛することはできなかった。その結果、世界王者の座から陥落することが確定した。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトなど複数メディアが伝えている。

今年の「ウィンブルドン」準優勝者で第23シードのニック・キリオス(オーストラリア)と4回戦で顔を合わせたメドベージェフは、第1セットをタイブレークの末に落とす。続く第2セットでは立ち上がりに3ゲームの連取に成功すると、そのリードを守り切りセットカウントを1-1に戻す。しかしそこからは拮抗した試合展開となり、少ないチャンスをモノにしたキリオスが7-6(11)、3-6、6-3、6-2で「全米オープン」初のベスト8進出を決めた。

メドベージェフは試合後キリオスのことを、「ニックは良いプレーをしていたよ。第3セットまでは互角だった。高いレベルの試合だったよ。僕はこれまでノバク・ジョコビッチ(セルビア)やラファエル・ナダル(スペイン)と対戦してきた。彼らは素晴らしいプレーをするけど、今日のニックは彼らと同じレベルでプレーしていたよ。大会の最後までこのようにプレーをすれば優勝できるチャンスがあると思う」と称えた。

加えて自身の体調が悪かったことにも言及。「今日は風邪っぽかったんだ。アメリカの空調はおかしいから、ツアー中は少なくとも1回は体調を崩す。昨年はシンシナティ大会のとき、今年はここでそうなってしまった。喉に少し痛みがあった。多分それがフィジカル面全体で少し影響を及ぼしたと思う。でもニックのプレーが良かったから言い訳にはならないよ」

「全米オープン」の連覇が叶わなかったメドベージェフは、9月12日に更新される世界ランキングで1位から陥落することが確定。そのことに関しては「正直何位になるのか分からない。多分3位か4位くらいかな。カルロス・アルカラス(スペイン)に追い抜かれると思う。でもそれはもっと良くなろうというモチベーションになる」とコメント。

「今年のグランドスラムではうまくいかなかった。“全豪オープン”では優勝のチャンスがあったのに勝てなかったし、“ウィンブルドン”ではプレーする機会を得られなかった。“全仏オープン”とここでは4回戦敗退。もっとうまくやるべきだった。また世界1位に返り咲きたいなら、もっとポイントを獲得する必要がある」

現在メドベージェフに代わって世界王者になる可能性を持つのは、準々決勝へと駒を進めた第5シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)と、これから4回戦を戦う第2シードのナダル、第3シードのアルカラスの3人だ。ナダルは、ほかの選手の結果次第では4回戦で敗れても世界王者復帰の可能性があるが、ルードとアルカラスは最低でも決勝進出が世界王者になるための必須条件となる。

ルードは準々決勝で第13シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)と対戦予定。4回戦に臨むナダルは第22シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ)と、アルカラスは第15シードのマリン・チリッチ(クロアチア)とベスト8の座をかけて戦う。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」でのメドベージェフ
(Photo by Sarah Stier/Getty Images)

【全米オープンテニス2022】
WOWOWオンデマンド・WOWOWテニスワールドで全コートライブ配信!
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 連覇を逃したメドベージェフ「今年のグランドスラムではうまくいかなかった」[全米オープン]