ニュース News

シフィオンテク、ペグラ、サバレンカらが4回戦進出をかけて戦う![全米オープン]

「WTA1000 マイアミ」でのシフィオンテク

今年最後のグランドスラム「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)。大会6日目には、世界女王のイガ・シフィオンテク(ポーランド)や元世界ランキング2位のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)らが3回戦に登場する。大会公式ウェブサイトなどが報じている。

第1シードのシフィオンテクは日本時間の4日午前8時からルイ・アームストロング・スタジアムで、元世界26位のローレン・デービス(アメリカ)と対戦予定。シフィオンテクは1回戦で世界56位のジャスミン・パオリーニ(イタリア)を6-3、6-0で、2回戦では元世界3位で2017年の全米女王であるスローン・スティーブンス(アメリカ)を6-3、6-2で下し、ここまで順調な勝ち上がりを見せている。また、2回戦で初めてセンターコートのアーサー・アッシュ・スタジアムに立ったシフィオンテクは「夢が叶ったわ。ジュニアの頃、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)の試合を見るために一番上の方のスタンド席にいたことを覚えてる」と明かしていた。

対する28歳のデービスはこれが10回目の「全米オープン」出場。同大会の最高成績は2回戦進出だったが、今回それを乗り越えて3回戦に臨む。デービスは1回戦と2回戦どちらも逆転勝ちを収めており、プレー時間は合計5時間を越える。シフィオンテクと比較すると約3時間も多くプレーしていることとなる。二人はこれが初対戦だ。

第6シードのサバレンカは3回戦で予選通過者の世界131位クララ・ビュレル(フランス)と初対戦する。サバレンカにとってこれが「全米オープン」5回目の出場で、昨年はベスト4入りを果たしている。1回戦をストレート勝ちしたサバレンカだったが、続く2回戦で世界34位の37歳カイア・カネピ(エストニア)を相手に2-6、7-6(8)、6-4と苦戦しながらも勝利を収めた。対するビュレルは「全米オープン」2年連続2度目の出場。1回戦は今年の「ウィンブルドン」覇者で第25シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)を破り、2回戦では世界43位のアリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)をフルセットで下し、ここまで勝ち上がった。試合はグランドスタンドの第4試合で行われる。

アーサー・アッシュ・スタジアムで日本時間4日の午前1時から行われるデイセッション第1試合には、第8シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)が登場。ペグラは今回が6回目の「全米オープン」出場で、3回戦より先に進んだことがない。しかし今季出場したグランドスラムでは「全豪オープン」と「全仏オープン」でベスト8入りと結果を残している。まずは「全米オープン」の3回戦の壁を破れるか注目だ。対するは予選通過者で世界142位のユアン・ユエ(中国)。ユアンはこれが「全米オープン」初出場だが、予選から2回戦までセットを落とすことなく勝ち進んでいる。第2のエマ・ラドゥカヌ(イギリス)になれるのか目が離せない。ペグラとユアンは初顔合わせとなる。

そのほかには、第9シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)対第21シードのペトラ・クビトバ(チェコ)、第13シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)対第22シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)といったシード勢同士の対決も予定されている。

ダブルスでは、第6シードのデズレイ・クラブチェク(アメリカ)/デミ・シヒュース(オランダ)ペアが加藤未唯(日本/ザイマックス)/アルディラ・スチアディ(インドネシア)ペアと、第9シードの柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)/エイジア・ムハメッド(アメリカ)ペアは、キャサリン・ハリソン(アメリカ)/Ingrid Neel(アメリカ)ペアと対戦予定だ。

混合ダブルスでは、柴原がフランコ・シュクゴール(クロアチア)と組み、ルーシー・ラデッカ(チェコ)/ルーカシュ・クボト(ポーランド)ペアと対戦予定となっている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA1000 マイアミ」でのシフィオンテク
(Photo by TPN/Getty Images)

【全米オープンテニス2022】
WOWOWオンデマンド・WOWOWテニスワールドで全コートライブ配信!
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. シフィオンテク、ペグラ、サバレンカらが4回戦進出をかけて戦う![全米オープン]