ニュース News

ナダルは20年来の友と、19歳アルカラスは21歳ブルックスビーと対戦[全米オープン]

「全米オープン」でのブルックスビー

月曜日に開幕した今年最後のグランドスラム、「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)。大会6日目には、元世界王者ラファエル・ナダル(スペイン)は20年来の盟友と対戦、第3シードの19歳カルロス・アルカラス(スペイン)は21歳ジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)との若手対決となる。大会公式ウェブサイトなどが報じている。

センターコートであるアーサー・アッシュ・スタジアムでは、現地の正午(日本時間4日午前1時)から始まる第1試合では女子の第8シード、ジェシカ・ペグラ(アメリカ)の試合が行われ、第2試合にアルカラスが登場。アルカラスの1回戦では、世界ランキング37位のセバスチャン・バエス(アルゼンチン)が第3セットで途中棄権。2回戦では世界78位のフェデリコ・コリア(アルゼンチン)にストレートで勝利した。アルカラスはこの大会での結果次第で、史上最年少世界王者となる可能性がある。3回戦では世界43位のブルックスビーと初対戦。ブルックスビーは1回戦では世界88位のドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)に6-2、6-0、3-0と圧倒的にリードしていたところで、ラヨビッチの途中棄権となった。2回戦では前哨戦の「ATP1000 シンシナティ」を制した第25シードのボルナ・チョリッチ(クロアチア)に6-4、7-6(10)、6-1でストレート勝利。ブルックスビーはまだ20歳だった昨年の「全米オープン」でテイラー・フリッツ(アメリカ)やアスラン・カラツェフ(ロシア)らを破って4回戦に進出し、当時世界王者で年間グランドスラムを狙っていたノバク・ジョコビッチ(セルビア)から1セットを奪っている。

現地午後7時(日本時間4日午前8時)から始まるナイトセッションの第1試合には、第2シードのナダルが登場。ナダルは初戦で、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する世界198位のリンキー・ヒジカタ(オーストラリア)に第1セットを取られたが、その後は3セットを連取。2回戦では元世界9位のファビオ・フォニーニ(イタリア)にまたも最初のセットを取られたうえ、第4セットではコートから跳ね返った自分のラケットが顔面を直撃して流血するというアクシデントに見舞われたが、2-6、6-4、6-2、6-1で勝利。昨年の「全米オープン」に出場していないナダルは失うポイントがなく、今大会の結果次第で世界王者復帰の大きなチャンスがある。

そのナダルの3回戦の相手は元世界7位のリシャール・ガスケ(フランス)。誕生日が15日しか離れていない同じ36歳の二人は、12歳の頃からジュニアで戦い、どちらも素晴らしい才能で注目を浴び続けた選手だ。だが対戦成績はナダルの17勝0敗という一方的なことになっている。ガスケはこれが2005年から18年連続18回目の「全米オープン」出場で、最高成績は2013年のベスト4。ここまでは世界95位のダニエル太郎(日本/エイブル)と第32シードのミオミル・キツマノビッチ(セルビア)を、いずれも4セットで下して勝ち上がってきた。

そのほかには第7シードのキャメロン・ノリー(イギリス)が第28シードのオルガ・ルーネ(デンマーク)と、第9シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)が第19シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)と、第11シードのヤニク・シナー(イタリア)が21歳のブランドン・ナカシマ(アメリカ)と、第14シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)が第22シードのフランシス・ティアフォー(アメリカ)と、第15シードのマリン・チリッチ(クロアチア)が第20シードのダニエル・エバンズ(イギリス)と、第26シードのロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)が2回戦で第8シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)を倒した世界73位のイリヤ・イバシカ(ベラルーシ)と戦うなど、3回戦にふさわしい好カードが目白押しだ。

男子ダブルスでは、西岡良仁(日本/ミキハウス)/アンドレ・ヨーランソン(スウェーデン)ペアが、「全豪オープン」を制した第8シードのニック・キリオス(オーストラリア)/タナシ・コキナキス(オーストラリア)ペアに挑む。他には第2シードのヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ニール・スクプスキー(イギリス)ペアや、第4シードのティム・プッツ(ドイツ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)ペア、第6シードのニコラ・メクティッチ(クロアチア)/マテ・パビッチ(クロアチア)ペアなどがそれぞれ2回戦に臨む。

また混合ダブルスでは柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)/フランコ・シュクゴール(クロアチア)ペアがルーシー・ラデッカ(チェコ)/ルーカシュ・クボト(ポーランド)ペアと2回戦を戦う。第5シードのペグラ/オースティン・クライチェク(アメリカ)ペアや、第7シードのエレン・ペレス(オーストラリア)/ビーナスペアなども登場する。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全米オープン」でのブルックスビー
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

【全米オープンテニス2022】
WOWOWオンデマンド・WOWOWテニスワールドで全コートライブ配信!
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ナダルは20年来の友と、19歳アルカラスは21歳ブルックスビーと対戦[全米オープン]