ニュース News

西岡が1回戦に登場!本日深夜24時開始予定[全米オープン]

「ATP1000 モントリオール」での西岡

いよいよ今年最後のグランドスラム「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)が開幕する。大会初日には、日本人選手では世界ランキング55位の西岡良仁(日本/ミキハウス)が登場。大会公式ウェブサイトなどが報じている。

西岡は現地時間の29日午前11時(日本時間の29日深夜24時)にコート10で開始の第1試合で、世界39位のアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と対戦する予定。二人はこれが初対戦となる。

26歳の西岡は、今季ツアーでの戦績は11勝12敗と今一つだが、8月初旬の「ATP500 ワシントン」で2020年2月の「ATP250 デルレイビーチ」以来約2年半ぶり、ATP500レベルでは初めての決勝進出を果たした。それにより大会開始時の世界96位から大きくランキングを上げ、前述のデルレイビーチ大会後に記録したキャリアハイの世界48位に迫りつつある。その他にも今年はコロンバスでのチャレンジャー大会で優勝、翌週にクリーブランドでのチャレンジャー大会で準優勝するなど、北米のハードコートとは相性が良い。「全米オープン」にはこれが5年連続8回目の出場で、最高成績は2015年と2019年の2回戦進出。グランドスラム全体ではこれで19大会連続、26回目の出場となり、最高成績は2020年「全豪オープン」での3回戦進出だ。今大会で西岡はアンドレ・ヨーランソン(スウェーデン)とのペアで男子ダブルスにもエントリーしている。

対するダビドビッチ フォキナは23歳。こちらも今年のツアー戦績は18勝21敗とあまり芳しくないが、4月の「ATP1000 モンテカルロ」では2回戦で当時世界王者だったノバク・ジョコビッチ(セルビア)を下して決勝に進出。そこでステファノス・チチパス(ギリシャ)に敗れたが、ツアーで初めての準優勝をマスターズ1000大会の大舞台で果たした。「全米オープン」は3年連続3回目の出場で、昨年は初戦敗退だったが初出場の2020年に4回戦に進出している。グランドスラムは11回目の出場で、最高成績は2021年「全仏オープン」でのベスト8。

「全米オープン」会場で練習している写真をTwitterに投稿し、「ここまでしっかりと準備して一回戦に臨める」と綴っている西岡。まずは1回戦突破を期待しよう。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATP1000 モントリオール」での西岡
(Photo by Minas Panagiotakis/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 西岡が1回戦に登場!本日深夜24時開始予定[全米オープン]