ニュース News

テニス選手から同僚へ賛辞を贈る!「多くの人に勇気を与えてくれた」

2021年「全米オープン」でのオジェ アリアシム

先日シンシナティでの大会中に、出場していた選手たちが互いに賛辞を贈り合った。大会の公式Twitterがこれらのコメントを集めた動画をシェアし、話題を呼んでいる。スポーツウェブメディアSportskeedaが伝えている。

動画で紹介されたのは、イガ・シフィオンテク(ポーランド)やエマ・ラドゥカヌ(イギリス)、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、カルロス・アルカラス(スペイン)らのコメントだ。彼らは賛辞を贈りたい選手の名前を挙げ、その理由も説明するように求められた。

ラファエル・ナダル(スペイン)のファンを公言するシフィオンテクは、当然のように彼への賛辞を口にした。「私はラファへ賛辞を贈るわ。単純に、彼がGOAT(史上最も偉大な選手)だからよ」

オジェ アリアシムは同じ質問にウイリアムズ姉妹の妹を選んだ。自身も含め、多くの人に勇気を与え続けた姿を讃えた。「僕が賛辞を贈るのはセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)さ。彼女がテニスでしてきたこと全てに感謝したい。彼女は本当に象徴的な存在で、僕も含め多くの人に勇気を与えてくれたんだ」

トミー・ポール(アメリカ)は、賛辞を贈る相手として同じアメリカ人のココ・ガウフ(アメリカ)を選んだ。だが、その理由は少し変わっていた。「僕はココに賛辞を贈る。彼女のニューバランスのウェアが大好きだからさ」とポールは語りながら笑う。

ラドゥカヌはアンドレイ・ルブレフ(ロシア)のストローク能力を挙げ、練習で見たパワーに魅了されたと語った。「1人思い浮かぶのは、ルブレフの隣で練習をしていて、彼がどれだけ強くボールを打っているのかを見た時のことね」とラドゥカヌは語った。「自分の練習を止めてまで彼の練習を見に行ったくらいだったの。私もフォアハンドを速く打ってみようと思ったわ。少しは助けになったわね。私も少し速く打てるようになったから。ルブレフのように速くは打てなかったけれど(笑)」

アルカラスは、パウラ・バドーサ(スペイン)の試合運びや気力を讃えた。「僕はバドーサに賛辞を贈るよ。彼女はコートですごく上手にプレーするんだよ。それに、コート上での気力もすごいんだ」

ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)はガエル・モンフィス(フランス)の名前を挙げ、「彼は私がコートで不機嫌な時でも、私を笑顔にさせる方法を見つけてしまうからよ。彼にはそういう才能があるわ」と絶賛。

アマンダ・アニシモワ(アメリカ)はポールの趣味の良いサングラスコレクションを褒め称えた。「私はポールに賞賛の言葉を贈るわ。彼はいつも最高のサングラスをしているのよ」

シモナ・ハレプ(ルーマニア)は、カレン・ハチャノフ(ロシア)と良い友人関係を築いていることを明かした。「ハチャノフはすごくフレンドリーで、会ったらいつも話をしているの。ツアーにいる選手とこういう気持ちを共有できるのは素敵なことね」

そして最後に、レイラ・フェルナンデス(カナダ)はジャック・ソック(アメリカ)とフランシス・ティアフォー(アメリカ)のポジティブな雰囲気を讃えた。「ソックは一緒にいるのがとても楽しい人よ。とてもポジティブな雰囲気を持っているの」と語ると、続けて「ティアフォーも同じね。彼らについてネガティブなことは何も言うことがないわ」とコメントした。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「全米オープン」でのオジェ アリアシム
(Photo by Sarah Stier/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. テニス選手から同僚へ賛辞を贈る!「多くの人に勇気を与えてくれた」