ニュース News

元世界女王が妊娠を発表!“2対1はフェアじゃない”から「全米オープン」欠場

「全仏オープン」でのケルバー

今年最後のグランドスラム「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)の本戦開幕が迫るなか、元世界ランキング1位のアンジェリック・ケルバー(ドイツ)が、妊娠とそれにともなう長期のツアー離脱を発表した。英Express紙などが報じている。

2016年「全米オープン」を含むグランドスラムで3回の優勝経験を誇るケルバー。そんな彼女が、SNSを通して現在妊娠中であることを報告。「全米オープン」への思いや、ファンへの感謝を綴っている。

「“全米オープン”でプレーしたかったのですが、最終的に2対1で戦うのはフェアじゃないと判断しました。この先数ヶ月、テニスプレーヤーとして世界中を旅することはお休みしますが、ありうる限り最高の理由によるものだと信じています。(とはいえ、)きっと皆さんのことを恋しく思うでしょう」

「2011年にキャリアを再開してから、2016年にタイトルを獲得し、世界一になるまで…“全米オープン”は私の心の中の特別な場所を占めています。しばらくの間ツアーを離れることになる前に、コート上でみなさんにお別れを告げられたら良かったのですが」

「プロのアスリートであることは私にとっては全てですが、これから歩む新しい道に感謝もしています。正直なところ、楽しみな気持ちと同時にナーバスな気持ちもあります。いつもいつもサポートしてくれて、ありがとうございます」

現在34歳のケルバーの元に赤ちゃんがやってくるのは2023年春頃。今回、ツアー復帰時期に関する言及はなかったものの、2024年の「パリオリンピック」で金メダルを目指しているという話もあるようだ。というのも、ケルバーは2016年の「リオデジャネイロオリンピック」で、優勝したモニカ・プイグ(プエルトリコ)に敗れ銀メダルに終わっているのだ。

無事にママとなってパワーアップした彼女が、パリでその雪辱を果たす姿に期待したい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」でのケルバー
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 元世界女王が妊娠を発表!“2対1はフェアじゃない”から「全米オープン」欠場