ニュース News

土居、内島、日比野が2回戦も勝利!本玉と内田は敗退[全米オープン予選]

「WTA1000 ローマ」での土居

今月29日から本戦が始まる今年最後のグランドスラム「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)の予選が23日に開幕。予選は本戦と同じく男女各128名が出場し、3試合に勝利した各16名が本戦出場となる。現地25日には、2回戦が行われた。大会公式ウェブサイトなどが報じている。

2回戦には、日本からは世界ランキング94位の土居美咲(日本/ミキハウス)、世界130位の内島萌夏(日本/フリー)、世界195位の本玉真唯(日本/島津製作所)、世界200位の日比野菜緒(日本/ブラス)、男子の世界169位の内田海智(日本/富士薬品)が勝ち進んでいた。

第7シードの土居は、1回戦で世界233位のLucrezia Stefanini(イタリア)に6-2、6-0で圧勝。2回戦も世界160位のアレクサンドラ・カダントゥ(ルーマニア)にサーブでのポイント獲得率、レシーブでのポイント獲得率、ネットポイントやウィナーの数などほとんどすべての面で上回り、6-3、6-1で快勝した。

第26シードの内島は1回戦で、世界189位エルザ・ジャクモ(フランス)との6-7(8)、7-6(7)、6-4という約3時間半にわたった激闘を制した。2回戦では世界151位のイザリン・ボナボントゥーロ(ベルギー)と対戦。内島は第1セットで3度ブレークを果たしてセットを先取。だが第2セットでは第5ゲームから4ゲームを連取されてセットカウント1-1に。迎えた最終セットでは第9ゲームで内島がこのセットで初めてのブレークチャンスを生かすと、サービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームでは相手がマッチポイントを4度しのぐという素晴らしい粘りを見せたが、5度目で内島が勝負を決めた。試合のスコアは6-2、2-6、6-4。

27歳の日比野は初戦で世界192位の26歳ルイーザ・チリコ(アメリカ)に6-3、7-6(3)でストレート勝利。2回戦は第11シードの30歳ワン・チャン(中国)との対戦となった。第1セットは互いに何度もブレークを繰り返すが、最終的にワンがセットを先取。第2セットも同様の展開で今度は日比野が取り返す。しかし勝負の最終セットでは第2ゲームで一度サーブを破られた後は日比野は振り返ることなく、そこから5ゲームを連取して3-6、6-3、6-1で逆転勝利を果たした。

「ウィンブルドン」に続いての本戦出場を目指していた22歳の本玉は、1回戦では世界187位のデシュピーナ・パパミカイル(ギリシャ)に6-2、6-2でストレート勝利。2回戦は世界142位の23歳ユアン・ユエ(中国)との対戦となった。本玉は試合開始早々にブレークに成功するがすぐにブレークバックされる。続く第3ゲームで再び作ったチャンスをしのがれると、第6ゲームをラブゲームで破られセットを落とす。第2セットでは逆に最初のサービスゲームを奪われ、第9ゲームではデュース9回という激しい攻防の末に3度のマッチポイントを防ぐ。続く第10ゲームで追いつくと、そのままタイブレークに。だがタイブレークで3度のミニブレークを許し、合計5度目のマッチポイントを決められて、3-6、6-7(4)で敗退となった。

8月23日に28歳になった内田は、1回戦で37歳のベテラン選手デュディ・セラ(イスラエル)を6-3、6-3で破り、グランドスラムの予選4回目の挑戦で嬉しい初勝利。2回戦の相手、第8シードのファクンド・バグニス(アルゼンチン)には、6月に内田が優勝したチャレンジャー大会の準決勝で7-5、7-6(4)で勝利していた。だが今回の対戦では9本のサービスエースを決められ、一度しか作れなかったブレークチャンスをしのがれると、バグニスには7度のチャンスのうち3度を決められて、2-6、3-6で敗れた。

予選に出場した6人の日本人選手のうち土居、内島、日比野の3人が決勝に勝ち進んだ。本戦出場までは、あと1勝だ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA1000 ローマ」での土居
(Photo by Alex Pantling/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 土居、内島、日比野が2回戦も勝利!本玉と内田は敗退[全米オープン予選]