ニュース News

「ウィンブルドン」を二度制したクビトバがコーチである恋人との婚約を発表

2019年「全豪オープン」でのクビトバ

ペトラ・クビトバ(チェコ)が、コーチでありボーイフレンドでもあるイリ・ヴァネク氏との婚約を発表した。スポーツウェブメディアSportskeedaなどが報じている。

SNSを通して、ファンに婚約を報告したクビトバ。ヴァネク氏と仲睦まじく寄り添い合った2ショット写真に添えて、「みんなに伝えたかったハッピーなニュース…私にとっての特別な場所で、“YES”って言ったの」とコメント。“特別な場所”というのは、彼女が二度優勝を飾った「ウィンブルドン」(2011年と2014年)の会場であるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで、よく見るとクビトバの左手薬指にはキラリと光る宝石のついたエンゲージリングも。

お相手のヴァネク氏は、現在44歳の元プロテニス選手で、キャリアハイランキングは2000年に達成した世界74位。結婚の経験が一度あり、前の妻との間には2人の子どもがいるとのこと。クビトバのコーチとなる前は、元世界女王のカロリーナ・プリスコバ(チェコ)を指導していた。その後2016年のオフシーズンから、コーチとプレーヤーとして共に歩み始めた2人。おそらく2020年半ば頃に交際をスタートさせたのではないかと言われている。

そんなクビトバだが、2015年にホッケー選手のRadek Meidl氏との婚約をSNSで報告していたため、実は婚約を発表するのはこれが二度目。その他、過去には同じチェコ出身のテニスプレーヤーであるラデク・ステパネク(チェコ)やアダム・パブラシェク(チェコ)との交際も報じられていた。恋多き彼女のおめでたいニュースに、関係者やファンからは祝福のコメントが多く寄せられている。

今シーズン初のタイトル獲得となった「WTA500 イーストボーン」のほか、「WTA1000 シンシナティ」での準優勝が記憶に新しいクビトバ。恋人から婚約者となり、より一層強い信頼関係で結ばれたコーチのヴァネク氏からのサポートを受けて、良い状態で残りのシーズンも駆け抜けてほしい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2019年「全豪オープン」でのクビトバ
(Photo by Jason Heidrich/Icon Sportswire via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 「ウィンブルドン」を二度制したクビトバがコーチである恋人との婚約を発表