ニュース News

土居、本玉、内島、日比野、内田が2回戦に挑む![全米オープン予選]

「全豪オープン」予選での日比野

今月29日から本戦が始まる今年最後のグランドスラム「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)の予選が、現地23日に開幕した。予選は本戦と同じく男女各128名が出場し、3試合に勝利した各16名が本戦出場となる。大会公式ウェブサイトなどが報じている。

初日には、日本からは世界ランキング94位の土居美咲(日本/ミキハウス)、世界195位の本玉真唯(日本/島津製作所)、世界197位の内藤祐希(日本/亀田製菓)が1回戦に臨み、土居と本玉が勝利。内藤は惜しくも初戦敗退となった。2日目には世界130位の内島萌夏(日本/フリー)、世界200位の日比野菜緒(日本/ブラス)、男子の世界169位の内田海智(日本/富士薬品)が登場し、3人揃って勝ち進んだ。

第7シードの土居は、1回戦で世界233位のLucrezia Stefanini(イタリア)に6-2、6-0で圧勝。2回戦の相手は世界160位の32歳アレクサンドラ・カダントゥ(ルーマニア)。カダントゥは1回戦で世界150位のアリシア・パークス(アメリカ)に0-6、6-3、6-1で逆転勝利している。土居とカダントゥはこれが初対戦となる。

「ウィンブルドン」に続いての本戦出場を目指す22歳の本玉は、世界187位のデシュピーナ・パパミカイル(ギリシャ)との1回戦に6-2、6-2で快勝。2回戦の相手となる世界142位の23歳ユアン・ユエ(中国)は、初戦で第13シードのケイティ・ボリネッツ(アメリカ)を6-2、7-6(6)で破った。本玉とユアンはこれまでにITF(国際テニス連盟)大会の予選で2度対戦しており、1勝1敗。先週ニューヨークで行われたITF大会の予選では、ユアンが7-5、6-2で勝っている。

第26シードの内島は1回戦で、19歳の世界189位エルザ・ジャクモ(フランス)との6-7(8)、7-6(7)、6-4という約3時間半にわたった激闘を制した。2回戦で対戦する世界151位のイザリン・ボナボントゥーロ(ベルギー)は、1回戦では世界249位のクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)に6-3、6-1、1時間と少しで勝負をつけている。21歳の内島の回復力に期待しよう。

27歳の日比野は初戦で世界192位の26歳ルイーザ・チリコ(アメリカ)に6-3、7-6(3)でストレート勝利。2回戦は第11シードの30歳ワン・チャン(中国)との対戦となった。ワンは1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の16歳、世界965位のLiv Hovde(アメリカ)を6-2、6-1で圧倒。日比野とワンは2014年に久留米で行われたITF大会で一度対戦したことがあり、その時はワンが7-5、6-2で勝利している。

8月23日に28歳になった内田は、1回戦で37歳のベテラン選手デュディ・セラ(イスラエル)を6-3、6-3で破り、グランドスラムの予選4回目の挑戦で嬉しい初勝利を挙げた。2回戦の相手である第8シードのファクンド・バグニス(アルゼンチン)は、初戦で世界183位のウー・トンリン(台湾)に4-6、6-1、6-4で逆転勝利している。内田とバグニスは今年6月にポルトガルでのチャレンジャー大会の準決勝で対戦しており、内田が7-5、7-6(4)で勝利。その後、決勝でも勝って、チャレンジャー大会で2度目の優勝を果たしている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」予選での日比野
(Photo by Mike Owen/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 土居、本玉、内島、日比野、内田が2回戦に挑む![全米オープン予選]