ニュース News

内島、日比野、内田らが1回戦に登場![全米オープン予選]

「全仏オープン」予選での内島

今月29日から本戦が始まる今年最後のグランドスラム「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)の予選が、現地23日に開幕した。予選は本戦と同じく男女各128名が出場し、3試合に勝利した各16名が本戦出場となる。大会公式ウェブサイトなどが報じている。

初日には、日本からは世界ランキング94位の土居美咲(日本/ミキハウス)、世界195位の本玉真唯(日本/島津製作所)、世界197位の内藤祐希(日本/亀田製菓)が1回戦に挑み、土居と本玉が勝利。内藤は惜しくも初戦敗退となった。

2日目となる現地24日には、女子の世界130位の内島萌夏(日本/フリー)、同200位の日比野菜緒(日本/ブラス)、男子の世界169位の内田海智(日本/富士薬品)が登場。

21歳の内島はグランドスラム本戦の出場経験はまだないが、今年の「全仏オープン」ではグランドスラム予選初出場で決勝である3回戦に進出。今季はすでにITF(国際テニス連盟)の3大会で優勝し、1月初めの世界349位から200以上ランキングを上げて、今回の予選には第26シードとして臨んでいる。初戦の相手は19歳の世界189位エルザ・ジャクモ(フランス)。ジャクモは2月にスペインで行われたITF大会で準優勝しているが、7月の初旬以降は公式戦5連敗中だ。「全仏オープン」には3年連続で出場し、今年は2回戦に進出しているが、ほかのグランドスラムでの本戦出場経験はない。二人はこれが初対戦となる。

27歳の日比野は、「全米オープン」本戦には昨年まで2年連続で合計4度出場し、2017年に2回戦に進出している。グランドスラム全体では17回、本戦出場を果たしており、すべての大会で1回戦を突破したことがある。今季は「全豪オープン」の予選3回戦で敗れたがラッキールーザーとして本戦に出場。「全仏オープン」でも予選3回戦まで勝ち進んだが、そこで敗れた。6月にタイで行われたITF大会で準優勝、7月の「WTA250 プラハ」でベスト8に進出している。今回の対戦相手は世界192位の26歳ルイーザ・チリコ(アメリカ)。チリコは今年の「ウィンブルドン」で予選を勝ち抜いて5年ぶりのグランドスラム本戦出場を果たした。今季は4月にアメリカで行われたITF大会で優勝している。日比野とチリコは2017年にカナダで行われたITF大会で一度対戦しており、その時は日比野が逆転勝利している。

8月23日に28歳になった内田は、8月15日にキャリアハイの世界168位に到達したばかり。これまでに2019年の「全米オープン」を含む3度、グランドスラムの予選に挑戦しているが、まだ勝利を挙げたことはない。今季は6月にポルトガルで行われたチャレンジャー大会で優勝。8月初旬には「ATP250 ロスカボス」で予選を勝ち上がり、ツアー大会本戦初出場を果たした。1回戦の相手は37歳のベテラン選手、デュディ・セラ(イスラエル)。2009年に自己最高の世界29位に到達したセラは、今季限りでの引退を表明している。今シーズンはグランドスラム予選以外の大会には出場しておらず、ここまでの3大会ではいずれも予選1回戦で敗退。内田とセラは2020年にアメリカで行われたチャレンジャー大会で一度対戦したことがあり、セラが第2セット途中で棄権して内田の勝利となっている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」予選での内島
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 内島、日比野、内田らが1回戦に登場![全米オープン予選]