ニュース News

キャリア通算10冠目のガルシアが約3年ぶりにトップ20復帰!大坂は5ランクダウン

「WTA1000 シンシナティ」でのガルシア

WTA(女子テニス協会)は22日、最新の世界ランキングを公表。大坂なおみ(日本/フリー)は、「WTA1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月15日~8月21日/ハードコート)の1回戦でノーシードのジャン・シューアイ(中国)と対戦し、4-6、5-7で敗戦。順位は5つ落とし44位となった。

シンシナティ大会では、元世界4位のカロリーヌ・ガルシア(フランス)が予選を勝ち抜き、本戦では2回戦で第4シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)、3回戦でエリース・メルテンス(ベルギー)、準々決勝で第7シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)、準決勝で第6シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)を下し、決勝へ進出。

決勝では元世界2位のペトラ・クビトバ(チェコ)と9度目の顔合わせに。これまでの対戦成績は3勝5敗と分が悪かったが、この日はガルシアが8度のブレークチャンスをしのぎ、相手のサービスゲームでは3度ブレークに成功して6-2、6-4で勝利。2009年にWTA1000大会が創設されて以来、予選通過者が優勝するのは初めてのことだった。

キャリア通算10個目のタイトルを手にし、1000大会では2017年の「WTA1000 北京」以来、約4年10ヶ月ぶり3度目の優勝となったガルシアは、「純粋にうれしい。ただ幸せだわ。1つ1つの勝利がとても大事だった。WTA250や1000大会、どのタイトルも特別だから今の気持ちを述べるのは難しいわ。いつも優勝できるわけじゃないから、今の瞬間を楽しまなきゃね。今週素晴らしいテニスができたことを感謝しているわ。またタイトルを手に入れられたことは特別」とコメント。順位は35位から17位へと浮上し、2019年4月以来にトップ20へと返り咲いた。準優勝のクビトバは7アップの21位に。

ベスト4入りを果たしたのは、第6シードのサバレンカとノーシードのマディソン・キーズ(アメリカ)で、前者は1ランクアップで6位、後者は24位から20位へと上昇した。

昨年大会でアシュリー・バーティ(オーストラリア)に敗れ準優勝となったジル・タイヒマン(スイス)は、今年は初戦でクビトバに敗れた。順位は21位から30位まで降下。また、セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)とビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)もそろって初戦敗退に終わったが、前者は4アップの608位、後者は1500位から1445位へと順位を伸ばす形となった。

シンシナティ大会の裏で、WTAツアーの下部大会である125大会がカナダで開催され、日本人では、土居美咲(日本/ミキハウス)と奈良くるみ(日本/安藤証券)が本戦出場。両者とも1回戦止まりに終わってポイントには変動がなく、土居は1ランクアップで94位、奈良は2つ順位を上げて234位に。アメリカのITF大会では、内島萌夏(日本/フリー)が本戦で2回戦進出を果たして、順位を1つ上げ130位となり7月に更新したキャリアハイに返り咲いた。同大会の予選敗退に終わった本玉真唯(日本/島津製作所)と内藤祐希(日本/亀田製菓)は両者とも順位変わらず、前者は195位を、後者は197位をキープしている。日比野菜緒(日本/ブラス)は先週シングルスでは大会に出場しておらず、順位は200位のまま。

ダブルスでは、第7シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)/リューメラ・キッチュノック(ウクライナ)ペアがシンシナティ大会で優勝したことにより、オスタペンコが15位から9位、キッチュノックが17位から10位へと浮上し、どちらもキャリアハイを更新して初のトップ10入りを果たした。その影響で2回戦敗退の柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)と1回戦敗退の青山修子(日本/近藤乳業)はそれぞれ順位を落とし、前者は2ダウンの12位、後者は3つ下げて14位となった。

またカナダの125大会では、第1シードとして出場した加藤未唯(日本/ザイマックス)/エイジア・ムハメッド(アメリカ)ペアが優勝。加藤は8つ順位を上げて56位、ムハメッドは1アップの33位に位置している。

◇   ◇   ◇

【8月22日付最新WTAランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) イガ・シフィオンテク(ポーランド) 8,605
2. ← (2) アネット・コンタベイト(エストニア) 4,580
3. ← (3) マリア・サカーリ(ギリシャ) 4,190
4. ← (4) パウラ・バドーサ(スペイン) 3,980
5. ← (5) オンス・ジャバー(チュニジア) 3,920
6. ↑ (7) アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ) 3,470
7. ↓ (6) シモナ・ハレプ(ルーマニア) 3,255
8. ← (8) ジェシカ・ペグラ(アメリカ) 3,201
9. ← (9) ガルビネ・ムグルッサ(スペイン) 2,886
10. ← (10) ダリア・カサキナ(ロシア) 2,795
11. ↑ (13) エマ・ラドゥカヌ(イギリス) 2,756
12. ← (12) ココ・ガウフ(アメリカ) 2,687
13. ↓ (11) ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 2,635
14. ← (14) レイラ・フェルナンデス(カナダ) 2,540
15. ↑ (16) ベアトリス・アダッド マイア(ブラジル) 2,317
16. ↓ (15) エレナ・オスタペンコ(ラトビア) 2,316
17. ↑ (35) カロリーヌ・ガルシア(フランス) 2,220
18. ↑ (20) ベロニカ・クデルメトワ(ロシア) 2,206
19. ↓ (18) ダニエル・コリンズ(アメリカ) 2,167
20. ↑ (24) マディソン・キーズ(アメリカ) 2,128
------------------------

21. ↑ (28) ペトラ・クビトバ(チェコ) 2,077

30. ↓ (21) ジル・タイヒマン(スイス) 1,517

44. ↓ (39) 大坂なおみ(日本/フリー) 1,187

94. ↑ (95) 土居美咲(日本/ミキハウス) 655

130. ↑ (131) 内島萌夏(日本/フリー) 481

195. ← (195) 本玉真唯(日本/島津製作所) 336

197. ← (197) 内藤祐希(日本/亀田製菓) 330

200. ← (200) 日比野菜緒(日本/ブラス) 324

234. ↑ (236) 奈良くるみ(日本/安藤証券) 288

608. ↑ (612) セレナ・ウイリアムズ(アメリカ) 61

1445. ↑ (1500) ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ) 4

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA1000 シンシナティ」でのガルシア
(Photo by Frey/TPN/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. キャリア通算10冠目のガルシアが約3年ぶりにトップ20復帰!大坂は5ランクダウン