ニュース News

マクラクランがバンクーバー優勝で10アップ!錦織は1ランク上昇

2021年「全仏オープン」での錦織

ATP(男子プロテニス協会)は22日、最新の世界ランキングを公表。昨年「ATP1000シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月14日~8月21日/ハードコート)に出場していなかった錦織圭(日本/ユニクロ)は、ポイントは変わらず、順位は1つ上がって365位となっている。

シンシナティ大会では、昨年5月に右肩の手術を受けて今年3月に実戦復帰した25歳のボルナ・チョリッチ(クロアチア)が、初戦で世界ランキング33位のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)、2回戦で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)、3回戦で第15シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)、準々決勝で第7シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、準決勝で第9シードのキャメロン・ノリー(イギリス)と次々に強豪を倒して決勝に進出。決勝では、準決勝で第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)を倒していた第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)に、7-6(0)、6-2でストレート勝利した。

10代の頃から将来を期待されていたチョリッチは、2018年11月に21歳で自己最高の世界ランキング12位に到達していながら、度重なる怪我のため大きな結果を残せずにきた。しかし今回2018年以来4年ぶり3度目、マスターズ1000大会では自身初となる優勝を遂げて、ランキングは前週の152位から世界29位へジャンプアップ。プロテクトランキングでエントリーしていた「全米オープン」には、シード選手として臨むことになりそうだ。

準優勝のチチパスはランキングを2つ上げて5位となり、初戦となった2回戦で学生選手ベン・シェルトン(アメリカ)に敗れたキャスパー・ルード(ノルウェー)は入れ替わりに5位から7位へ。ベスト8進出のオジェ アリアシムは1上げて8位に。ベスト4のノリーは2上げて9位となって約4ヶ月ぶりにトップ10に復帰し、キャリアハイを更新した。逆に3回戦で世界13位だったテイラー・フリッツ(アメリカ)にフルセットで敗れたアンドレイ・ルブレフ(ロシア)は、昨年準優勝だったため510ポイントを失って11位となり、2020年9月以来のトップ10落ち。フリッツは自己最高に並ぶ12位に舞い戻った。

日本人では、西岡良仁(日本/ミキハウス)が「バンクーバー・チャレンジャー」の1回戦途中で棄権し、昨年はシンシナティ大会で予選を勝ち抜いて本戦出場を果たしていたため35ポイントを失い、5下がって56位に。なお21日に綿貫陽介(日本/フリー)が一緒に練習した、とツイートしているので、今後に向けて身体的な問題はないようだ。ダニエル太郎(日本/エイブル)はシンシナティで予選敗退となり2ランクダウンの95位。内田海智(日本/富士薬品)はバンクーバーで初戦敗退し、169位に。なおダニエルと望月慎太郎(日本/IMG Academy)は今週開催される「ATP250 ウィンストンセーラム」(アメリカ・ウィンストンセーラム/8月21日~8月27日/ハードコート)の本戦出場目指して予選に出ていたが、いずれも決勝の2回戦で敗退。だが望月は、ラッキールーザーとして本戦出場が決定。現地22日に1回戦で世界72位のアレハンドロ・タビロ(チリ)と対戦予定だ。

「バンクーバー・チャレンジャー」のダブルスでは、マクラクラン勉(日本/イカイ)/アンドレ・ヨーランソン(スウェーデン)ペアが決勝でトリート・ヒューイ(フィリピン)/ジョン パトリック・スミス(オーストラリア)ペアを6-7(4)、7-6(7)、[11-9]という接戦の末に破って優勝。マクラクラン/ヨーランソン組は先週のシカゴ大会と続けて2週連続のチャレンジャー大会優勝となり、マクラクランはダブルスランキングを10上げて70位としている。

◇   ◇   ◇

【8月22日付最新ATPランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) ダニール・メドベージェフ(ロシア) 6,885
2. ← (2) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 5,760
3. ← (3) ラファエル・ナダル(スペイン) 5,630
4. ← (4) カルロス・アルカラス(スペイン) 5,190
5. ↑ (7) ステファノス・チチパス(ギリシャ) 4,890
6. ← (6) ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 4,770
7. ↓ (5) キャスパー・ルード(ノルウェー) 4,695
8. ↑ (9) フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ) 3,625
9. ↑ (11) キャメロン・ノリー(イギリス) 3,415
10. ← (10) フベルト・フルカチュ(ポーランド) 3,355
11. ↓ (8) アンドレイ・ルブレフ(ロシア) 3,120
12. ↑ (13) テイラー・フリッツ(アメリカ) 3,090
13. ↓ (12) ヤニク・シナー(イタリア) 3,020
14. ← (14) パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン) 2,375
15. ← (15) マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 2,360
16. ← (16) ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 2,200
17. ← (17) マリン・チリッチ(クロアチア) 2,175
18. ↑ (19) ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン) 1,840
19. ↓ (18) グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア) 1,730
20. ← (21) アレックス・デミノー(オーストラリア) 1,665
------------------------

29. ↑ (152) ボルナ・チョリッチ(クロアチア)

56. ↓ (51) 西岡良仁(日本/ミキハウス) 827

95. ↓ (93) ダニエル太郎(日本/エイブル) 564

169. ↓ (168) 内田海智(日本/富士薬品) 316

365. ↑ (366) 錦織圭(日本/ユニクロ) 115

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「全仏オープン」での錦織
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. マクラクランがバンクーバー優勝で10アップ!錦織は1ランク上昇