ニュース News

元ネクストジェン王者チョンがコートに復帰!

2019年「全米オープン」でのチョン

2017年から2018年にかけて、チョン・ヒョン(韓国)はテニス界注目の若手選手だった。だが、度重なる怪我に苦しめられたチョンはだんだん勢いをそがれ、やがてツアーから完全に離脱してしまった。長い休養期間を経て、やっと復活の兆しを見せている韓国期待の星の現在をスポーツウェブメディアSportskeedaが伝えている。

ツアーでいち早く頭角を現した若手選手の1人だったチョン。2017年に行われた「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」の第1回大会で、デニス・シャポバロフ(カナダ)やアンドレイ・ルブレフ(ロシア)、ダニール・メドベージェフ(ロシア)らを破って全勝で優勝。21歳のチョンは、次世代を担う若手の中でも抜きん出た実力の持ち主であることを示した。

翌2018年、チョンは「全豪オープン」でベスト4に進出。その途中で既に世界ランキング4位だったアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)や、元世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を下すという大番狂わせを演じた。グランドスラムで素晴らしい成績を残したチョンは、4月に自己最高の世界19位に到達。

テニスファンたちはチョンがさらなる活躍を続け、数多くのタイトルを獲得することを期待したが、残念ながら彼の身体がいうことをきかなかった。多くの怪我が彼の行く手を阻み、勢いを保ち続けられなかった。予選2回戦で敗退した2020年の「全仏オープン」以降は、腰の怪我によりツアー離脱を余儀なくされた。

チョンの世界ランキングは1195位まで下降し、復帰できるかも曖昧だった。しかし、8月10日にチョンは自身のInstagramを更新し、復帰を示唆する動画と写真を投稿。再び希望の火がともることになりそうだ。投稿では、キャプションは短く「ハロー(Hello)」と地球の絵文字を添えたのみだったが、これがチョンなりの復帰の意思の表明だったと思われる。

動画には、チョンがコートでフォアハンドやバックハンドを打つ姿を後ろから撮影した様子が映されていた。始めは軽く、徐々に力を入れてショットを繰り出していく姿に怪我の影響は見られない。また投稿では動画の他に、練習を終えて手のひらにできたマメの写真も添えられていた。

長いブランクを経てチョンがこれほど力強くボールを打つことができているという事実に、テニスファンや関係者は大喜び。チョンがツアーに復帰すれば、トップ選手たちにとって大きな脅威となるだろう。これまでの短いキャリアの中で、チョンはすでに前述したように大きな勝利を幾つも挙げている。妨げるものが何もない状況では、チョンはパワーと優れた身体能力を持ち、ベースラインから素晴らしいコントロールのショットを繰り出す驚異的な選手だ。

現時点で、ツアーでのチョンの戦績は86勝69敗、優勝の経験はまだない。アジア競技大会男子ダブルス金メダリストであり、チャレンジャーツアーでは9大会で優勝を飾っている。26歳になったチョンの一日も早い復帰が待たれる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2019年「全米オープン」でのチョン
(Photo by Emilee Chinn/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 元ネクストジェン王者チョンがコートに復帰!