ニュース News

セレナ対ラドゥカヌのスケジュール変更でファン激高

「WTA1000 トロント」でのセレナ

元世界女王のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と世界ランキング13位のエマ・ラドゥカヌ(イギリス)が対戦する「WTA1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月15日~8月21日/ハードコート)1回戦のスケジュールが前日に変更され、ファンが激高している。伊ニュースサイト UBI Tennisなど複数のメディアが報じた。

現在40歳のセレナは「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)を最後に現役から退くことを示唆しており、出場する公式戦は残りわずかとなっている。そんな彼女のプレーを一目見ようと多くのファンがシンシナティ大会のチケットを購入していたことだろう。しかも、初戦の相手は昨年の「全米オープン」で優勝した19歳のラドゥカヌとあって、試合の注目度は一段と高まっていた。ところが、現地15日(月)の夜に予定されていたセレナの試合が前日になって変更されたのだ。大会の広報担当者はAP通信に対して、「日程に関連するいくつかの要因から」変更になったと話しているとのことだが、それ以上の説明はなされていない。

ファンの一人はTwitter上で怒りを露わにしている。「セレナは一体どこ?CEOは(試合は)月曜日だと言っていた。これは、月曜日のチケットを買わせるための虚偽広告で、今度は火曜日のチケットも買わなければならない」

また、同じく月曜日のチケットを買っていたという大学でテニスのコーチを務める男性は、2000年代半ばからシンシナティ大会でセレナのプレーを見続けてきたそうで、「残念で仕方がない。史上最強の彼女が最後にもう一度プレーするのを見ることができれば、夢が叶っていたのに」と綴っている。

セレナとラドゥカヌの年齢差は21歳で、ラドゥカヌが生まれた2002年11月にセレナはすでに世界女王の座に就いていた。多くの若手選手がセレナと対戦できることを願う中、その幸運に恵まれたラドゥカヌはこう話している。「エキサイティングな試合になるはずだわ。史上最高の選手と対戦できる素晴らしい機会よ。私たちのキャリアが重なったことで、彼女と対戦できるなんて本当に幸運なこと。何が起ころうとも、私にとって素晴らしい経験になり、一生忘れられない試合になるわ」

「アメリカでのシーズンで彼女を見ることができるのは本当に刺激的ね。言うまでもなく、彼女はテニスを愛しているからこそ、プレーし続けているんだわ。そのキャリアの長さは多くの選手、特に私が、同じように達成したいと熱望するものよ」

WTAの公式ウェブサイトに寄稿している記者たちによれば、二人の対戦は五分五分と見られているようだ。

今シーズン、思うような結果を残せていないラドゥカヌは先週の「WTA1000 トロント」でも当時世界29位で前回チャンピオンのカミラ・ジョルジ(イタリア)にストレート負けを喫し、初戦で姿を消している。だが、先々週の「WTA250 ワシントンD.C.」では準々決勝にまで勝ち進んでおり、ラドゥカヌはセレナに対して俊敏な動きや若さゆえの思いきりの良さを武器に戦うことができるだろう。

一方のセレナは、度重なる怪我によりこの1年あまりにおいてシングルスではわずか3試合しかプレーしていないことや、40歳という年齢が懸念される。とはいえ、長年トップ選手として活躍してきた経験値は計り知れず、復帰後2戦目となった「WTA1000 トロント」の初戦では当時世界57位のヌリア・パリサス ディアス(スペイン)相手に力強いプレーを見せ、430日ぶりの白星を手にしていた。

(WOWOWテニスワールド編集部)

写真は「WTA1000 トロント」でのセレナ
(Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

WOWOWオンデマンドではセレナ・ウイリアムズの名勝負選を配信中!
視聴はこちらから>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. セレナ対ラドゥカヌのスケジュール変更でファン激高