ニュース News

ハレプ、WTA1000大会で約2年ぶりの優勝「4年前の私とは別人」[WTA1000 トロント]

「WTA1000 トロント」優勝トロフィーを抱えるハレプ

シーズン後半のハードコートシーズンに最初に行われたWTA1000大会、「WTA1000 トロント」(カナダ・トロント/8月8日~8月14日/ハードコート)で、元世界女王のシモナ・ハレプ(ルーマニア)が優勝した。WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトなど複数のメディアが報じている。

第15シードとして出場したハレプは、第10シードのココ・ガウフ(アメリカ)、第7シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)らを破って決勝に進出。最後の相手は、第1シードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)をはじめ4人のシード選手を下してきたノーシードのベアトリス・アダッド マイア(ブラジル)だった。

ハレプとアダッド マイアは今季すでに2度対戦しており1勝1敗。シーズン3度目の対戦となる今回、ハレプは第1セットで0-3とリードされたものの、そこから6ゲーム連取でセットを取る。第2セットは相手に2度ブレークされて落としたが、最終セットでは最初のサービスゲームで迎えた2度のピンチをしのぐ。その後、3-1の1ブレークアップとすると、その差を保ったまま、6-3、2-6、6-3で勝利した。

トロント、モントリオールで毎年交互に開催されるこのカナダ大会、ハレプは2016年・2018年にも優勝しているが、今回の開催地であるトロントでトロフィーを掲げるのはこれが初めて。シーズンでは1月の「WTA250 メルボルン1」に続いて2冠目、通算24個目のツアータイトルで、グランドスラムに次ぐ規模の大会であるWTA1000大会に限ると2020年9月の「WTA1000 ローマ」以来9度目の優勝だった。

「(モントリオールだけでなく)トロントでも優勝したいと思っていたから、とても特別なタイトルになったわ。ルーマニアの人たちはいつも大勢応援に来てくれるから、ここで勝てて本当に幸せ」

「4年前に(モントリオールで)優勝した時の私と今の私はまるで別人なの。あれから多くのことが変わったわ。ここで優勝することはいつだって嬉しいけどね」

昨シーズン後半は怪我に苦しみ、なかなかコンスタントにプレーできなかったハレプは昨年8月からトップ10圏外となっていた。しかし今回の優勝によって15位から6位へと浮上、1年ぶりにトップ10へと返り咲いている。

「トップ10に戻れたことは大きいわ。シーズン当初は、自信があまりなくて、年末ランキングでトップ10に戻るというのを目標にしていたの。このタイミングで実現することができて、特別な瞬間になった。自分に自信が持てたから、もっといい結果を出したい」

今季のハレプは38勝を挙げており、これは世界女王のシフィオンテク(49勝)に次いで2番目に多い勝利数となる。また、2009年に始まった1000大会での勝利数を185に伸ばしており、これはツアー最多。決勝に進出した数(18回)はセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と並んで1位タイだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

写真は「WTA1000 トロント」優勝トロフィーを抱えるハレプ
(Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ハレプ、WTA1000大会で約2年ぶりの優勝「4年前の私とは別人」[WTA1000 トロント]