ニュース News

レーバー・カップにチチパス、ルードも参戦

「全豪オープン」でのチチパス

ビッグ4の出場が決まっている今年の「レーバー・カップ」(イギリス・ロンドン/9月23日~9月25日/室内ハードコート)に、世界ランキング5位のステファノス・チチパス(ギリシャ)と世界7位のキャスパー・ルード(ノルウェー)も参戦することが明らかとなった。大会公式サイトなど複数のメディアが報じている。

テニス界のレジェンドであるビヨン・ボルグ(スウェーデン)がキャプテンを務めるチーム・ヨーロッパ(欧州選抜)には、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、そしてアンディ・マレー(イギリス)の出場が決まっており、彼らビッグ4が集結するのは大会史上初めてのこととなる。この度、チチパスとルードも参加を表明したことで6人のメンバーが出そろった。チチパスは3大会連続、ルードは2大会連続の出場。

対する元世界王者のジョン・マッケンロー(アメリカ)率いるチーム・ワールド(世界選抜)は、世界9位のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)と世界13位のテイラー・フリッツ(アメリカ)、世界15位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、そしてダブルス元世界2位のジャック・ソック(アメリカ)が出場する予定となっている。残り2枠がまだ決まっていない中、これまでの4大会すべてに出場してきたニック・キリオス(オーストラリア)はプライベートの時間を優先するとして今回は出場を見送ることを報告している。

ボルグはチチパスとルードの追加について「並外れたメンバー構成となった。ステファノスとキャスパーは次世代を担う選手たちだ。彼らは“レーバー・カップ”で優秀な成績を収めており、ビッグ4と肩を並べる機会で力を十分に活かしてくれるだろう」と述べている。

23歳のチチパスは今シーズン、「ATP1000 モンテカルロ」と「ATP250 マヨルカ」で優勝してツアータイトルを9つに増やしており、「ATP1000 ローマ」と「ATP500 ロッテルダム」でも準優勝を飾っている。3回目の出場に向けてチチパスは「“レーバー・カップ”はライバルたちとチームを組み、チーム・ヨーロッパの一員として、チーム・ワールドが擁する最高の相手と戦うことができるから、とても楽しい大会だ。チーム・ヨーロッパを代表できることを誇りに思っている」と意気込みを語った。

一方のルードは今年6月にキャリアハイとなる世界5位に登り詰め、ノルウェーの選手として初めてトップ10入りを果たした。チチパスと同じく23歳にしてすでに9つのタイトルを獲得しており、今季は「ATP250 ブエノスアイレス」、「ATP250 ジュネーブ」、「ATP250 グスタード」を制し、「ATP1000 マイアミ」と「全仏オープン」で決勝に進んでいる。9タイトルのうち8タイトルはクレーコートでのものとなる。2回目の出場となるルードはこうコメントしている。「チーム・ヨーロッパの歴史的なメンバーの一員になれたことを誇りに思っている。ボストン(での前回大会)で戦えたことは素晴らしい経験だったから、ロンドンでこの優秀な選手たちとチームメイトになれることが待ち遠しいよ」

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのチチパス
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. レーバー・カップにチチパス、ルードも参戦