ニュース News

母になった元世界女王シャラポワ「辛いこともあるけれど、きっと大丈夫」

2017年のヴァニティ・フェア誌のオスカーパーティでのシャラポワ

モデル並みのルックスで「ロシアの妖精」とも呼ばれたマリア・シャラポワ(ロシア)は、現役時代はグランドスラムで5回の優勝を飾るなどトップクラスの選手として活躍。2020年に引退してからは、ビジネスウーマンとして活動の幅を広げてきた。現在35歳になったシャラポワは婚約者のアレクサンダー・ギルケス氏と共に暮らしている。

2人は、7月に息子セオドア君の誕生を発表。以降、元世界女王は母親業に勤しんでいる。しかし、初めての育児は困難の連続だ。そこで、シャラポワはbyheart.comが提供する知識や経験をシェアするプログラムに参加することにした。

このプログラムに登録したシャラポワは、育児の経験をシェアしてほしいと他の親や保育者たちにInstagramで呼びかけた。自分が助けられたように、今後新しく親になる人たちを助けたいという思いがあるようだ。

「次の世代の親がもっと多くを知ることができるように、すべての親に学んだことや知恵の数々をシェアしてほしいと呼びかけるbyheart.comに参加できてとてもワクワクしているわ。愛しさと心地よさ、素晴らしさもあるけれど、授乳期の始めの頃は予想しないことだらけ。どうか自分を責めないで、いつかすべて解決する日があると知ってほしい」とシャラポワは綴った。

「初めて親になった時、これを知っていたらよかった、と思ったことは何だった?あなたの学んだことをシェアして、次の世代の親たちに伝えましょう!」

投稿には、授乳中と思われるシャラポワがセオドア君の手を優しく握っている短い動画が添えられている。

出産後の産褥期は新米ママたちにとって非常に重要な期間だ。シャラポワも、出産直後は体がかなり弱ってしまったと感じたようだ。常にトレーニングや身体のメンテナンスを行ってきたシャラポワでさえ、産後2週間は身体を動かすことができなかったという。しかし、産後1ヶ月頃には動画を投稿し、トレーニングを再開したことを明かした。動画には、室内のジムで軽い筋力トレーニングやストレッチを行うシャラポワが映されている。

今後も育児を楽しむシャラポワの投稿を楽しみにしたい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2017年のヴァニティ・フェア誌のオスカーパーティでのシャラポワ
(Photo by Taylor Hill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 母になった元世界女王シャラポワ「辛いこともあるけれど、きっと大丈夫」