ニュース News

ハチャノフが200勝達成。ワウリンカは初戦敗退[ATP1000 モントリオール]

「全仏オープン」でのハチャノフ

シーズン後半のハードコートシーズンに最初に行われるマスターズ1000大会の「ATP1000 モントリオール」(カナダ・モントリオール/8月8日~8月14日/ハードコート)で、世界ランキング28位のカレン・ハチャノフ(ロシア)が通算200勝に到達した。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

ハチャノフは世界27位のフランシスコ・セルンドロ(アルゼンチン)に7-6(4)、5-7、6-3で勝利。ウィナーの数では相手に1.5倍と上回られたが、アンフォーストエラーで差をつけたことで接戦をモノにした。

この勝利によってハチャノフはツアー通算200勝を達成。26歳のハチャノフは2019年にキャリアハイの世界8位を記録し、ダニール・メドベージェフやアンドレイ・ルブレフといった同年代のロシア人選手よりも先にトップ10入りを果たしていたが、近年は伸び悩み、彼らにランキングで抜かれた上、200勝も先に達成されている。今季のハチャノフは「ATP250 アデレード1」で準優勝、「ATP250 ドーハ」と「ATP250 ベオグラード」でベスト4に進出したが、優勝からは2018年以来遠ざかっている。

モントリオール大会にプロテクトランキングで出場していた元世界3位のスタン・ワウリンカ(スイス)は、世界44位のエミル・ルースブオリ(フィンランド)にフルセットで敗れて1回戦敗退。今年3月に長期離脱から戻ってきたワウリンカだが、その後は公式戦で3勝8敗と我慢の展開が続いている。

そのほかには、世界41位のアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)と世界72位のマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)が初戦で姿を消した。また、世界95位のダニエル太郎(日本/エイブル)は予選2回戦で世界67位のアルトゥール・リンデルネック(フランス)に敗れ、本戦出場とはならなかった。

(WOWOWテニスワールド編集部)

写真は「全仏オープン」でのハチャノフ
(Photo by Quality Sport Images/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ハチャノフが200勝達成。ワウリンカは初戦敗退[ATP1000 モントリオール]