ニュース News

西岡が前週のファイナリスト連続撃破で「裏優勝」、内田は「最高に刺激的」

「全仏オープン」での西岡

テニスの元世界ランキング48位、26歳の西岡良仁(日本/ミキハウス)は、現在「ATP500 ワシントンD.C.」(アメリカ・ワシントンD.C./8月1日~8月7日/ハードコート)に出場中だ。本戦ストレートインの西岡は1・2回戦を勝ち進み、ベスト8進出をかけて現地時間の本日3回戦に挑む。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが報じている。

西岡は1回戦、先週「ATP250 アトランタ」で準優勝した世界37位の21歳ジェンソン・ブルックスビー(アメリカ)に6-4、6-3で快勝。2回戦では奇しくもそのアトランタ大会決勝でブルックスビーを下して優勝したアレックス・デミノー(オーストラリア)との対戦に。デミノーは自己最高ランキング15位で、今回のワシントンD.C.での大会でも第11シードだが、西岡とはこれまでに2度アメリカのハードコートで対戦し、2度とも西岡がストレートで勝利していた。

だが今回は第1セットをデミノーが取り、第2セットも5-3とリードされる。なんとか追いついてタイブレークに持ち込むが、ミニブレーク合戦の末に6-5でマッチポイントを握られる事態に。しかし西岡はそれを凌いでセットカウントをタイにすると、第3セットの第1ゲームでデュース4度、ブレークポイント4度という激しい攻防の末にブレークを果たし、このセットでは一度もリードを許すことなく3-6、7-6(6)、6-2で2時間半を超えた試合に勝利した。

この闘志あふれる試合後に西岡は「今年のアトランタ裏優勝は僕。/250点プラスで欲しい。」と勝利の瞬間の動画に添えてTwitterに投稿。今週世界96位となり、94位になったダニエル太郎(日本/エイブル)に日本人選手トップの座を奪われてしまった西岡だが、今回の活躍で試合ごとの結果を反映したライブランキングでは現在85位まで上昇。これからも切磋琢磨して共に上昇を続けてほしい。西岡は現地4日正午(日本時間5日午前1時)開始予定の3回戦で、第7シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦する。

そのほか同大会では第1シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)、第3シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)、第4シードのライリー・オペルカ(アメリカ)、第5シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)、ノーシードのニック・キリオス(オーストラリア)らが勝ち進んでいる。第2シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)、第6シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)は2回戦敗退となった。

また日本選手ではダニエル、綿貫陽介(日本/フリー)、望月慎太郎(日本/IMG Academy)が予選に出場したが、望月は予選2回戦で第2シードだったドミニク・コプファー(ドイツ)に3-6、4-6で敗退。予選を突破したダニエルは1回戦で世界99位のJ.J.ウルフ(アメリカ)に2-6、3-6で敗れ、同じく綿貫は1回戦で元世界14位のカイル・エドマンド(イギリス)に4-6、6-7(8)で惜敗した。

同時に開催されている「ATP250 ロス・カボス」(メキシコ・ロス・カボス/8月1日~8月6日/ハードコート)では、マクラクラン勉(日本/イカイ)/アンドレ・ヨーランソン(スウェーデン)ペアが、第3シードのアリエル・ベアル(ウルグアイ)/ゴンサロ・エスコバル(エクアドル)ペアを6-3、3-6、[10-7]で破ってベスト8に進出。準々決勝でWilliam Blumberg(アメリカ)/ミオミル・キツマノビッチ(セルビア)ペアと対戦する。

世界175位、27歳の内田海智(日本/富士薬品)は、シングルスで予選を突破しツアー本戦初出場を決めたが、1回戦で第6シードのブランドン・ナカシマ(アメリカ)に7-6(1)、6-2で敗退。内田はTwitterに「自分にとって最高に刺激的な数日間でした。/またこの舞台で戦えるよう今後もベストを尽くして行きます。モチベーションもめちゃくちゃ上がりました」と綴った。

同大会では第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)、第2シードのフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、第3シードのキャメロン・ノリー(イギリス)らがベスト8進出を決めている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全仏オープン」での西岡
(Photo by Adam Pretty/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 西岡が前週のファイナリスト連続撃破で「裏優勝」、内田は「最高に刺激的」