ニュース News

北米ハードコートシーズンで注目の5人の男子選手とは?

「ウィンブルドン」直前のエキシビションマッチで笑顔を見せたりジョークを言うナダル

まもなくグランドスラム最多優勝記録を持つラファエル・ナダル(スペイン)や世界王者のダニール・メドベージェフ(ロシア)らが大会に戻って来る。8月には6つの大会の開催が予定されているが、その中にはマスターズ1000大会である「ATP1000 モントリオール」(カナダ・モントリオール/8月7日~8月14日/ハードコート)と「ATP1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月14日~8月21日/ハードコート)、そして今年最後のグランドスラム「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)が含まれる。来たる北米のハードコートシーズンで注目しておくべき5人の男子選手を、スポーツウェブメディアSportskeedaが伝えている。

1人目:ラファエル・ナダル(スペイン)
怪我によって2021年シーズンを早期に終えることとなったナダルであったが、今年は自信を持って戻ってきた。ナダルは今シーズン38試合中35勝を挙げ、「全豪オープン」と「全仏オープン」を含む4つの大会でタイトルを獲得している。「ウィンブルドン」では準決勝に進出したが、準々決勝で腹部に怪我を負い、大会を棄権することを余儀なくされた。

ハードコートでは21試合に出場して20勝。ナダルが唯一敗れたのは、3月のインディアンウェルズ大会の決勝戦のみ。実はナダルはこの試合中苦しそうな様子を見せており、後に肋骨を疲労骨折していたことが判明。4週間の離脱を強いられた。しかし怪我を抱えながらも今季これほどの好成績を残しているナダルであれば、必然的にモントリオール大会、シンシナティ大会、そして「全米オープン」の優勝候補の1人といえるだろう。

2人目:ダニール・メドベージェフ(ロシア)
メドベージェフは2021年以降、ハードコートで80試合に出場し67勝を挙げており、マルセイユ大会、トロント大会、そして「全米オープン」で優勝している。

今季のハードコートでの最高成績は、「全豪オープン」での準優勝とアカプルコ大会でのベスト4であるが、どちらもナダルに敗れて大会を去っている。しかしこれらの成績によりメドベージェフは2月に史上27人目となる世界王者に輝いた。その後はマイアミ大会でもベスト8入り。

グラスシーズンでは2週連続で準優勝を果たすなど良い調子を維持しているメドベージェフは、「全米オープン」にはディフェンディングチャンピオンとしての覚悟を持ち臨んでくるはずだ。今季はまだタイトルの獲得がないが、サーフェスが得意のハードコートに戻る今、どこまでギアを上げてくるのか注目したい。

3人目:カルロス・アルカラス(スペイン)
現在19歳のアルカラスはここまで驚くべきシーズンを送っている。49試合に出場して42勝を挙げ、4つのタイトルを獲得しているのだ。ハードコートでは14試合に出場し、そのうち12勝。

初めてのマスターズ1000大会でのタイトル獲得は、ハードコートのマイアミ大会で達成された。アルカラスはインディアンウェルズ大会でも準決勝に進出したが、この時は同国の偉大な先輩であるナダルに敗れている。

アルカラスの攻撃的なスタイルと力強いグラウンドストローク、そして得意としているドロップショットは「全米オープン」でも注目だ。現在2週連続クレーコートで準優勝を果たし、世界ランキングでは4位まで上昇しているアルカラスなら、8月の大会でも優勝候補として挙げられるだろう。

4人目:アンドレイ・ルブレフ(ロシア)
ルブレフは、2020年からハードコートで数々の高パフォーマンスを見せてきた。昨年はロッテルダム大会で優勝し、シンシナティ大会では決勝に進出した。今季ハードコートで出場した22試合のうち18試合で勝利し、2大会で優勝。インディアンウェルズ大会ではベスト4に名を連ねた。

グラスシーズンが始まって以降は3試合でしか勝利しておらず、「全米オープン」開幕までに調子を上げていきたいところだろう。ルブレフはハードコートでは有力な選手であり、このサーフェスで自身のサーブとフォアハンドを最大限に活かしてくるはずだ。

5人目:ヤニク・シナー(イタリア)
シナーは現在のテニス界において最高の若手選手の1人であり、今シーズンは何度も素晴らしいテニスを見せている。2021年以降、シナーはハードコートで72試合に出場して56勝を挙げている。タイトルは4つ獲得し、昨年のマイアミ大会では決勝に進出した。

現在21歳のシナーは今シーズン、このサーフェスで戦った19試合中16試合で勝利し、「全豪オープン」とマイアミ大会では準々決勝に進出した。また先週クレーコートで行われたウマグ大会では、前回チャンピオンのアルカラスを破り、今季初タイトルを手にしている。

ハードコートでは自分より世界ランキングが上の選手から勝利を挙げたことはまだないものの、ここ最近の活躍を見る限りこれから始まる大会でも良い結果を残してくるであろう。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」直前のエキシビションマッチで笑顔を見せたりジョークを言うナダル
(Photo by Craig Mercer/MB Media/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 北米ハードコートシーズンで注目の5人の男子選手とは?