ニュース News

50歳選手がデビスカップ最年長勝利!前人未到の100試合出場も達成

握手の代わりの「ラケットタップ」

120年以上続く男子の国別対抗戦「デビスカップ」で新たな歴史が刻まれた。50歳のドメニコ・ビチーニ(サンマリノ)が大会最年長勝利をあげた上、前人未到の100試合出場を達成したのだ。AP通信など複数のメディアが伝えている。

ビチーニはまず現地7月27日に行われた「デビスカップ・ヨーロッパ グループIV」のアルバニアとの試合でダブルスに出場。25歳のMarco de Rossi(サンマリノ)と組んでアルバニアのMartin Muedini/Mario Zili組と対戦し、6-3、7-6(3)のストレート勝ちを収め、大会最年長勝利を手にした。「デビスカップ」公式Twitterは「ドメニコ・ビチーニにとって歴史的な日」として、彼の偉業を称えている。ビチーニが最年長記録を打ち立てたのは今回が初めてではなく、2019年にもシングルスでGenc Selita(コソボ)にフルセットの末に勝利し、47歳と318日の最年長として白星を記録していた。

9月に51歳を迎えるビチーニは、1993年から「デビスカップ」に参加しており、今年が24回目の出場。このアルバニア戦で通算99試合としていた。そんなビチーニは同月29日に行われたアイスランド戦でもプレーして、「デビスカップ」初の100試合出場を成し遂げた。17歳のシモーネ・デ ルイージ(サンマリノ)と組んでアイスランドとのダブルスに出場したビチーニは、2-6、3-6で敗れてしまい連勝はならず。しかしチームはシングルス2試合で勝ってすでに勝利を決めていたため、昇格を懸けたプレーオフへと進出している。

ビチーニは100試合出場について「私にとって素晴らしいこと。ここまで長い道のりだったが、いろんな場所を訪れて、たくさんのものを目にすることができた。すべての試合が良い思い出だ」と述べている。また、いつまでプレーを続けるかについて聞かれると、「いつやめるかはわからない。できるだけ長く続けるつもりだよ。テニスが大好きだし、国のために戦うことも大きなモチベーションになっているからね」と答えた。ビチーニの「デビスカップ」での戦績は、シングルスで47勝29敗、ダブルスでは18勝49敗。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は握手の代わりの「ラケットタップ」
(Photo by Alex Davidson/Getty Images for LTA) (Photo by Alex Davidson/Getty Images for LTA)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 50歳選手がデビスカップ最年長勝利!前人未到の100試合出場も達成