ニュース News

3度の手術を経て…21ヶ月ぶりのツアー公式戦に臨むエドマンド

2020年エキシビションマッチ「バトル・オブ・ブリッツ」でのエドマンド

元世界ランキング14位のカイル・エドマンド(イギリス)が、3度の手術を経て21ヶ月ぶりにツアーのシングルスに出場する。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが報じている。

現在27歳のエドマンドは、2018年にキャリアハイとなる世界14位を記録。この年から左膝に違和感を覚え始めるが、2020年10月下旬に開催された「ATP500 ウィーン」の予選までプレーを続けた。その違和感はのちに3度の手術が必要なほど複雑な怪我であることが判明し、結果的にエドマンドはツアーから2年近く離れることになった。「いつ戻れるかわからない時期が長く続いた。進歩も改善もない時期もあった。でも、復帰するためにあらゆる手段を尽くすつもりだった。5、6ヶ月間ラケットを握れなかったこともあったから、とにかくテニスがしたかった」とエドマンドは回想する。

徐々に実戦に慣れるため、今年の「ウィンブルドン」混合ダブルスで公式戦に復帰したエドマンドは、「長い間プレーしていなかったから、こういう機会を必要としていたんだ。おかげで試合当日の準備や、緊張感を再び感じることができた」と振り返っている。そして、復帰後初めてのシングルスの試合となった7月下旬のチャレンジャー大会についてはこう話す。「シングルスの試合に戻ることだけを考えていた。どの大会で復帰するか、こだわりはなかった。本当に久しぶりのシングルスだったよ。結果を出すことよりも、試合に出て自分の状態を確かめたかったんだ。やっと大きな一歩を踏み出すことができた。一週間で3試合戦って、勝つこともできたのは大きな収穫だったね。ポジティブなことがたくさんあった」

現在世界639位まで順位を下げているエドマンドだが、プロテクトランキングを使って「ATP500 ワシントンD.C.」(アメリカ・ワシントンD.C./8月1日~8月7日/ハードコート)に本戦から出場する。股関節の手術からの復帰を経験している同国の先輩、アンディ・マレー(イギリス)は、エドマンドがこれから直面することになるであろう身体的および精神的な困難についてこう述べている。「怪我でしばらくプレーしていないと、また怪我をしないようにと慎重になってしまうから、試合に臨む前に練習で十分に自分を追い込むことがすごく難しくなる」

マレーはまた、復帰後の数週間は勝敗よりも長期的な目標に集中し、忍耐強くあることの必要性を説いた。エドマンドも同感のようだ。「これだけ長くプレーしていなかったら、現実的にならざるを得ない。毎日調子がいいわけがないよ。でも、男子のトップレベルの大会に出るわけだから、すべてを出し切らないと。僕としては、できる限り準備が整ったと思えた時に試合に戻りたかったんだ。復帰当初の試合は完璧なものにはならないだろうけど、試行錯誤していこうと思っている」

「アンディが経験した手術や長期離脱を見れば、復帰するためにいかに多くの努力が必要で、相当の痛みを乗り越えなければならないかがわかる。こういう怪我をして2年近く休んで3回も手術をすれば、諦めるのは簡単だ。だから、モチベーションを上げるものが必要になる。復帰したくないなら、わざわざハードワークする必要はない。でもそれを乗り越えれば、コートに戻ってテニスを思い切り楽しむことができる」

「今回の機会を通じて、テニスが大好きだと痛感したよ。こんなに好きでなければ辞めてしまうのは簡単だった。そうする機会は何度もあった」

エドマンドは「ATP500 ワシントンD.C.」の1回戦で、予選から勝ち上がってきた世界239位の綿貫陽介(日本/フリー)と対戦する。エドマンドはこの大会の後は「ATP1000 モントリオール」(カナダ・モントリオール/8月8日~8月14日/ハードコート)と「ATP1000 シンシナティ」(アメリカ・シンシナティ/8月14日~8月21日/ハードコート)の予選には出場せず、再びチャレンジャー大会などに臨みながら「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/8月29日~9月11日/ハードコート)に向けて準備するという。

(WOWOWテニスワールド編集部)

写真は2020年エキシビションマッチ「バトル・オブ・ブリッツ」でのエドマンド
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images for Battle Of The Brits)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 3度の手術を経て…21ヶ月ぶりのツアー公式戦に臨むエドマンド