ニュース News

初タイトルを掴んだクレッシー「夢はサーブ&ボレーを盛り上げること」

「ウィンブルドン」でのクレッシー

現在25歳のマキシム・クレッシー(アメリカ)は、母国で行われた「ATP250 ニューポート」で通算3度目となるツアーの決勝に進出。過去2度はいずれも優勝するには至らなかった。3度目の決勝では第3シードのアレクサンダー・ブブリク(カザフスタン)と対戦。試合の半分が過ぎたところでは、2-6、0-3と劣勢な状態であったのにも関わらず、そこから逆転劇を成功させ2-6、6-3、7-6(3)で初タイトルを獲得。3度目の正直を果たした。

ほんの1年前までは世界ランキング150位にも入っていなかったクレッシーだったが、この大会での勝ち上がりにより世界ランキング33位となりキャリアハイを更新した。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが、記念すべきタイトル獲得の後にクレッシーに行ったインタビューの内容を伝えている。

ATP:ツアー初タイトル獲得はあなたにとってどんな意味がありますか?
クレッシー:人生で味わった中で、一番すばらしい気分だと思う。表現するのは難しいね。僕はこの初タイトルをすごく長い間心待ちにしていたんだ。

ATP:今季ラファエル・ナダル(スペイン)やテイラー・フリッツ(アメリカ)と戦った決勝での経験は、この試合に備えるうえでどう役立ちましたか?
クレッシー:どちらの試合も神経が疲れたよ、ちょうど今日みたいにね。ナダルとの対戦は信じられなかった。あれはどちらかというと、「これって現実なのかな?」という感じだったね。それが、彼に勝てなかった理由の1つだと思う。フリッツとの決勝も、接戦だった。

誰もが言うように、3度目の正直だ。僕にとってこれは大きな前進の1歩だよ。だって、今後戦う決勝ではこれまでほど緊張しないと思うからね。最初のタイトルが、間違いなく一番難しいものだ。

ATP:以前、コート外のことは家族が手伝ってくれると言っていましたね。テニスの旅路を家族と分かち合うことにはどんな意味がありますか?
クレッシー:母は財務のことや、企業と話をするなどコート外のことを手伝ってくれているよ。僕にはまだエージェントがいないからね。実はそのことに関しては検討しているんだけど、まだ決めかねているんだ。兄もSNSのことで僕を手伝ってくれているよ。僕はそういうことをやりたくないからね!家族は僕の成功に欠かせない存在だよ。彼らはいつでも僕のためにそばにいてくれるから、すごく大切な存在だと思っているよ。

ATP:フランスで育ち、その後カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)に通うためにアメリカに来たという国際的な育ち方は、あなたをどのように形作ったのでしょうか?
クレッシー:両方の国の住民であるということは特別なことで、それが僕を形作ってくれた。1人でアメリカに行ったことで、より自立できたんだ。「アメリカン・ドリームを実現できる、人生はもっと良くなる」という信念があった。その頃はテニスで苦しんでいたからね。アメリカに行くことで新たなスタートを切ることができると思ったし、実際にそうなったよ。

UCLAに入学できたことは、僕に起こった中で最高なことだった。それから僕の願望は屋根を突き抜けたんだ。最初はプロになりたいなんて全然思っていなかったんだけど、チームの不可欠な一員になったらすぐに考えが変わったよ。3年生になった時、僕はプロになることを考え始めた。チーム内にマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)やマルコス・ギロン(アメリカ)のような選手たちがいたことも大きな要因になったね。

ATP:目標は世界ランキング1位だと仰っていますが、目標達成までの展望はどう考えていますか?
クレッシー:これほど早くトップ30目前まで来られたということは、世界王者になるために必要なものが僕に備わっているという大きな印だ。この信念はこれからも変わることはないと思う。

僕の夢は、サーブ&ボレーをもう一度本当に盛り上げることだよ。そして、多くの人がそのゲームスタイルでプレーし始めるように刺激を与えたいんだ。他の選手たちがそうするのを見てきた、ラファのような選手がね。もし僕がテニス界に影響を与えることができ、人々が見ていて楽しめて、そしてみんながプレーしたくなるようなサーブ&ボレーを極めることができたら、それは大きなことだね。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」でのクレッシー
(Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 初タイトルを掴んだクレッシー「夢はサーブ&ボレーを盛り上げること」