ニュース News

エストニア大会もロシア、ベラルーシ選手締め出しへ。しかしランキングポイントは付与される?

ロシア女子ナンバー1選手のダリア・カサキナ

8月前半にエストニアで行われるITF(国際テニス連盟)のチャレンジャー大会や男女の下部大会から、ロシアとベラルーシの選手が締め出されることになった。伊ニュースサイト UBI Tennisなど複数のメディアが報じている。

ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、エストニア政府は「国際スポーツは今や政治と切り離すことはできず、ロシアとベラルーシは戦略的な目標を達成するためにスポーツを利用している」とし、国内で行われるスポーツ大会から両国の選手を締め出す意向を示した。これに従う形でエストニアのテニス連盟は、自国で開催されるITFのチャレンジャー大会二つ、および男子のフューチャーズ大会と女子のW25レベルの大会一つずつ、計4つの大会に両国の選手を参加させないという決定を下した。

同様のことがイギリスの大会で起きた際には、「ウィンブルドン」に関してはランキングポイントが付与されないという制裁が下された。だが、エストニアの大会ではITFによって通常通りランキングポイントが付与されるという。その理由は、同じレベルの大会がほかの国でも同時期に開催されているため、エストニアでの大会に出場できなくても、ロシアとベラルーシの選手には同じポイント数を稼ぐ機会があるからだと、エストニアテニス連盟の関係者は説明している。

一方、WTA(女子テニス協会)の管轄にある「WTA250 タリン」(エストニア・タリン/9月26日~10月2日/ハードコート)でどのような措置が取られるかはわかっていない。もしこの大会から両国の選手が締め出された場合、WTAは「ウィンブルドン」と同じくランキングポイントを付与しない可能性がある。オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(AELTC)とLTA(イギリステニス協会)がロシアとベラルーシの選手の締め出しを発表した際、WTAはそれを「国籍による差別」と非難し、ランキングポイントを付与しないという制裁は、「選手が個人として競争できるように平等な機会を守る」ための手段だと主張していた。

エストニアはウクライナへの侵攻が始まって以来、ロシアを声高に批判してきた。既に一部のロシア人アーティストに入国禁止令を出したほか、留学を希望するロシア人のビザや在留許可証の発行停止を発表している。これに反発してロシア外務省の報道官はエストニアを「独裁国家」と呼んだ。また、ロシアテニス連盟のシャミル・タルピシェフ会長は、今回のエストニアの禁止令について聞かれた際に「ここでもまた締め出しだ。賢い判断とは言えない」とコメントしている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真はロシア女子ナンバー1選手のダリア・カサキナ
(Photo by Alexander Scheuber/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. エストニア大会もロシア、ベラルーシ選手締め出しへ。しかしランキングポイントは付与される?