ニュース News

アトランタ大会のエキシビションマッチにガウフ、ケニンらが登場

エキシビションマッチでのガウフ

「ATP250 アトランタ」(アメリカ・アトランタ/7月25日~7月31日/ハードコート)のエキシビションマッチに女子世界ランキング11位のココ・ガウフ(アメリカ)などが出場し、地元のファンを喜ばせた。WTA(女子プロテニス協会)公式ウェブサイトなど複数のメディアが報じている。

「ウィンブルドン」以降はハードコートシーズンに向けてのトレーニングに集中しているガウフは、「ATP250 アトランタ」で行われた二つのエキシビションマッチに登場。1試合目では世界321位のテイラー・タウンゼント(アメリカ)相手に6-3、6-3で勝利を挙げた。「素晴らしいパフォーマンスだったと思う」とガウフは試合を振り返っている。「今夜はどうなることかと思ったけど、テイラーのおかげですごく楽しかったわ。こういう試合は気の合う相手とでなければならないけど、テイラーはぴったりだった」

このエキシビションイベントはタウンゼントにとっても特別なもので、1歳4ヶ月になる息子のアディンくんがコートでラケットを持つ姿が見られた。26歳のタウンゼントは昨年3月にアディンくんを出産、1年7ヶ月のブランクを経てこの春競技に復帰した。直後に臨んだITFレベルの2大会ではそろって準々決勝に進み、3つ目となるチャールストンの大会では優勝を飾っている。さらに、「全仏オープン」ではマディソン・キーズ(アメリカ)と組んで女子ダブルスのベスト4入りを果たした。

ガウフの2試合目の相手は23歳のソフィア・ケニン(アメリカ)。ケニンは3月の「WTA1000 インディアンウェルズ」でギブスを必要とするほどの大怪我を足に負っており、今回が約4ヶ月ぶりの試合となった。2020年の「全豪オープン」優勝などにより世界4位に到達していたケニンだが、現在のランキングは世界419位。このエキシビションマッチではガウフに1-6、2-6で敗れたものの、「WTA250 ワシントンD.C.」(アメリカ・ワシントンD.C./8月1日~8月7日/ハードコート)での公式戦復帰に向けて足がかりを得られたかもしれない。「(4月には)ギブスをつけていたのに、今ここでプレーできていることに感謝の気持ちしかないわ」とケニンは試合後に述べている。

満員のスタジアムでガウフは相手のウィナーに拍手を送ったり、ケニンとの試合ではマッチポイントをボールボーイに決めさせてあげるなど、ファンサービスも忘れなかった。さらに、ガウフとタウンゼントはTikTokで流行っている“トルティーヤチャレンジ”にも挑戦。口いっぱいに水を含んだまま、ジャンケンに勝った方が相手の顔をトルティーヤの生地でビンタをするというゲームで、水を吹き出した方が負けとなる。1回目の挑戦ではジャンケンに勝ったガウフが思い切りタウンゼントの頬を叩いた瞬間、タウンゼントは吹き出してしまう。二人はお腹を抱えて笑い、予想以上の威力にタウンゼントは「オーマイガー!」と連発。2回目の挑戦ではタウンゼントがお手柔らかにガウフに仕返しするが、ガウフも耐え切れずに吹き出している。

(WOWOWテニスワールド編集部)

写真はエキシビションマッチでのガウフ
(Photo by Adam Hagy/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. アトランタ大会のエキシビションマッチにガウフ、ケニンらが登場