ニュース News

豪華邸宅の窃盗団、ナダルやメッシの家も狙っていた?

「全豪オープン」でのナダル

パリ・サンジェルマンFCに所属するイタリア代表のサッカー選手マルコ・ヴェラッティが、夏休みに借りていたスペインのイビザ島にある別荘が窃盗にあった事件で、7人の容疑者が逮捕された。その窃盗団はラファエル・ナダル(スペイン)やサッカー界のスター選手、リオネル・メッシの家も狙っていたようだ。英紙The Sunが報じている。

この逮捕の件が公になったのは、警察がイビザ島からのフェリーから降りた2人の男を取り押さえ、盗まれた資産のほとんどを取り戻した段階になってからのこと。警察によると、この一団がほかにもスペイン国内の高級別荘での窃盗15件に関わっている証拠も見つかったという。

容疑者の1人の自宅で押収された手書きのメモの一部が地元紙に掲載され、そこにはメッシやナダル、レアルマドリードの伝説的選手、ホセ・マリア・グティエレス・エルナンデスやフェルナンド・イエロ、そしてスペインのホセ・マリア・アスナール元首相らの名前が含まれていた。

このメモには、「ポルト・クリスト。ナダル、マヨルカ」と記載されており、ナダルが妊娠中の妻マリアさんと暮らしているビーチに面した300万ポンド(約5億円)の豪邸が言及されている。またメッシの名前も書かれていたものの、住所については何の情報も含まれていなかった。メッシは夏の間、イビザ島の北側にあるバレアレス諸島のサ・フェラドゥーラ島を1週間25万ポンド(約4,100万円)で借りて家族や友人たちと休暇を過ごしていた。また、バルセロナに近いカステルデフェルスにも豪邸を所有している。

ヴェラッティが休暇を過ごしていたサン・ホセと、エス・キューベルズというイビザ島の2つの地域名に対しては、「OK」という言葉が走り書きされていた。警察はこれを、強盗に成功したことを示す内容と解釈した。

スペイン警察が先週公開した映像では、警察官らが銃口を向けて車を取り囲み、中にいた男2人に外に出るよう指示し、2人が地面に伏せたところで手錠をかける様が映されている。ヴェラッティの休暇用別荘から盗まれた現金や宝石や他の貴重品が、この車から見つかった。

これに続き、マラガ県内で5人が逮捕された。この逮捕を認める声明の中で、スペイン警察はこう述べている。

「有名なサッカー選手の家での窃盗事件を受けて、警察は様々な地で高級邸宅に侵入することに特化した犯罪者集団を壊滅させた。時計や宝石など250万ポンド(約4億1,200万円)相当を盗んだとされるアルバニア系の犯罪者集団に所属する7名が逮捕された。サッカー選手の別荘への襲撃で盗まれた私物は、この一団の構成員と思われる2名が逮捕された後、2人が使っていた車から回収された。その後、マラガで3件、イビザ島で1件の家宅捜索が行われ、この一団がアリカンテ、マラガ、ムルシアでの他の15件の高級別荘への襲撃に関与していることを示す証拠が見つかった」

この声明は、メッシやナダルの名前が出てくる前に公表されたものだ。最新の報道に関して警察はまだ公式にコメントしていない。

※為替レートは2022年7月19日時点

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのナダル
(Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 豪華邸宅の窃盗団、ナダルやメッシの家も狙っていた?