ニュース News

「ウィンブルドン」ベスト8の20歳シナーがグッチのブランドアンバサダーに

2019年「Next Gen ATPファイナルズ」のトロフィーを掲げるシナー

テニスの世界ランキング10位のヤニク・シナー(イタリア)が、グッチのブランドアンバサダーに就任した。テニス界期待の若手がファッション界でも大きな存在感を放つことになる。米テニスメディアBaselineが報じている。

イタリアの老舗ファッションブランドのグッチは、「ウィンブルドン」の準々決勝の前に、シナーのブランドアンバサダー就任を発表した。シナーは4回戦で第5シードの19歳カルロス・アルカラス(スペイン)を退けたばかりだった。

先日発売された英誌ICONでは、グッチのスーツを纏ったシナーが表紙を飾った。大きな瞳とスラリとした体格、無造作なウェーブヘアで高級ブランドのスーツやシャツを着こなす姿はまるで本職のファッションモデルのようだ。グッチの公式アカウントはこの時撮影された写真をInstagramに投稿し、最新のブランドアンバサダーとしてシナーを紹介した。

シナーはナイキやロレックス、そしてイタリアのチーズのブランド、パルミジャーノ・レッジャーノとも契約を結んでいる。

現在20歳のシナーは、18歳だった2019年に「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」を制して以来、若手の注目株の一人だ。すでに5つのATP大会で優勝を飾り、4つのグランドスラムのうち3つで準々決勝進出を果たしている。

昨年までは「ウィンブルドン」本戦で一度も勝利したことがなかったシナーだが、今年はスタン・ワウリンカ(スイス)、ジョン・イズナー(アメリカ)、アルカラスらを退けベスト8に進出。準々決勝では前回優勝者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。最初2セットを連取するものの、後半はジョコビッチの経験の豊富さが勝り、フルセットの末惜しくも敗れた。

試合後の記者会見で、ジョコビッチとの対戦についてシナーは次のように語った。「僕たちは、テニスのスタイルが似ていると思う。大会の始めの頃にグラスコートで一緒に練習した。彼からはいつも何かを学んでいるよ。彼との対戦は、トレーニングの試合と“ウィンブルドン”のような大会の試合では、ぜんぜん違う。大勢の人の前でプレーすることは、特別なことだ」

「ジョコビッチのような選手とプレーするのは最高さ。僕は自分に挑戦するのが好きなタイプだし、一流の選手と試合をするのが好きだ。こういうレベルの試合をするために、毎日トレーニングを積んでいる。僕にはまだまだ改善するべきことがあるのは理解しているけれど、今大会でのプレーには満足している。いい水準のテニスを見せることができたからね」

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2019年「Next Gen ATPファイナルズ」のトロフィーを掲げるシナー
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 「ウィンブルドン」ベスト8の20歳シナーがグッチのブランドアンバサダーに