ニュース News

世界ランキング、大坂は2ランクアップ。セレナが圏外へ

「ウィンブルドン」でのセレナ

WTA(女子テニス協会)は11日、最新の世界ランキングを公表。10日に幕を閉じた「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)だが、ATP(男子プロテニス協会)とWTA、ITF(国際テニス連盟)がロシアとベラルーシの選手の出場禁止に対する措置で同大会でのランキングポイントを付与しないことを決定していたため、今回の更新では2021年大会のポイントが単に失効した形となる。昨年も今年も「ウィンブルドン」に出場していない大坂なおみ(日本/フリー)は、ポイントに変動はなく順位を2つ上げ40位に位置している。

2021年大会で優勝したのは、のちに現役から引退した元世界女王アシュリー・バーティ(オーストラリア)のため、今回の更新で最もポイントを落としたのは準優勝者であるカロリーナ・プリスコバ(チェコ)になる。3,777ポイントから2,477ポイントまで減り、順位も8ダウンの15位まで落とした。これにより順位が1つ上がりキャリアハイを更新したのが、7位のダニエル・コリンズ(アメリカ)、10位のエマ・ラドゥカヌ(イギリス)、11位のココ・ガウフ(アメリカ)、14位のレイラ・フェルナンデス(カナダ)の4選手になる。

昨年ベスト4入りを果たしたアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)とアンジェリック・ケルバー(ドイツ)は、前者は779ポイントを失効したものの順位変わらず6位、780ポイント減の後者は19位から31位へと下げている。今大会で初めてグランドスラム決勝の舞台にたどり着いたオンス・ジャバー(チュニジア)は、昨年は準々決勝まで駒を進めたため330ポイントを失効。順位は3つ落とし5位に。その影響でアネット・コンタベイト(エストニア)が2位、マリア・サカーリ(ギリシャ)が3位とそれぞれキャリアハイの順位に返り咲くこととなった。

昨年の1回戦でハムストリングを負傷して以来、ツアーから離脱していたセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)は、今年の「ウィンブルドン」でシングルスに復帰。しかし、それ以前に開催されていた大会には出場していなかったため、ランキングポイントが0となり、世界ランキングから外れた。セレナの名がランキングにないのは1997年10月以来初めてのことだ。

今年の「ウィンブルドン」でグランドスラム初優勝を成し遂げた第17シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン)は、昨年は4回戦に進出。ポイントの失効はあったものの、順位は変わらず23位をキープしている。

日本人では、昨年に続き今年も初戦敗退に終わった土居美咲(日本/ミキハウス)だが、失ったポイント数は少なかったため順位は5つ上がり103位に。今大会でグランドスラム本戦初出場、初勝利を挙げた本玉真唯(日本/島津製作所)は、1年前のITF大会優勝で得たポイントを失ったため、順位を139位から164位へと落としている。「ウィンブルドン」の予選1回戦で敗れた内島萌夏(日本/フリー)と内藤祐希(日本/亀田製菓)は、前者は14アップの163位でキャリアハイを更新、後者は2つ上げ187位に位置している。

ダブルスでは、2021年大会でペアを組み準決勝まで勝ち進んだ柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)と青山修子(日本/近藤乳業)が共に660ポイントを失ったことで順位を1つ下げ、柴原は9位、青山は11位となった。

◇   ◇   ◇

【7月11日付最新WTAランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) イガ・シフィオンテク(ポーランド) 8,336
2. ↑ (3) アネット・コンタベイト(エストニア) 4,326
3. ↑ (5) マリア・サカーリ(ギリシャ) 4,190
4. ← (4) パウラ・バドーサ(スペイン) 4,030
5. ↓ (2) オンス・ジャバー(チュニジア) 4,010
6. ← (6) アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ) 3,267
7. ↑ (8) ダニエル・コリンズ(アメリカ) 3,131
8. ↑ (9) ジェシカ・ペグラ(アメリカ) 3,087
9. ↑ (10) ガルビネ・ムグルッサ(スペイン) 2,886
10. ↑ (11) エマ・ラドゥカヌ(イギリス) 2,717
11. ↑ (12) ココ・ガウフ(アメリカ) 2,647
12. ↑ (13) ダリア・カサキナ(ロシア) 2,635
13. ↑ (16) ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 2,635
14. ↑ (15) レイラ・フェルナンデス(カナダ) 2,588
15. ↓ (7) カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 2,477
16. ↑ (18) シモナ・ハレプ(ルーマニア) 2,415
17. ↓ (14) バーボラ・クレイチコバ(チェコ) 2,353
18. ↓ (17) エレナ・オスタペンコ(ラトビア) 2,302
19. ↑ (21) ベロニカ・クデルメトワ(ロシア) 2,090
20. ← (20) ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ) 2,016
------------------------

23. ← (23) エレナ・リバキナ(カザフスタン) 1,805

31. ↓ (19) アンジェリック・ケルバー(ドイツ) 1,419

40. ↑ (42) 大坂なおみ(日本/フリー) 1,235

103. ↑ (108) 土居美咲(日本/ミキハウス) 626

163. ↑ (177) 内島萌夏(日本/フリー) 386

164. ↓ (139) 本玉真唯(日本/島津製作所) 383

187. ↑ (189) 内藤祐希(日本/亀田製菓) 352

圏外. ↓ (1204) セレナ・ウイリアムズ(アメリカ) 0

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」でのセレナ
(Photo by Rob Newell - CameraSport via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 世界ランキング、大坂は2ランクアップ。セレナが圏外へ