ニュース News

エブデン/パーセル組がグランドスラム初優勝![ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」優勝トロフィーを掲げるエブデンとパーセル(左より)

現地7月9日に行われた「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)大会13日目、男子ダブルス決勝でグランドスラム新チャンピオンが誕生した。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトが伝えている。

男子ダブルス決勝では、前回チャンピオンである第2シードのニコラ・メクティッチ(クロアチア)/マテ・パビッチ(クロアチア)ペアと第14シードのマシュー・エブデン(オーストラリア)/マックス・パーセル(オーストラリア)ペアが対戦。最初の2セットがタイブレークに突入と、序盤から競った展開が続いたこの試合、メクティッチ/パビッチ組が先にブレークに成功して第3セットを取る。しかし第4セットでエブデン/パーセル組が第10ゲームをブレークし、セットカウント2-2で並ぶ。最終セット、メクティッチ/パビッチ組が4-2とリードするが、エブデン/パーセル組がラリーを制して第8ゲームをブレークし、勝負の行方は10ポイントのタイブレークで決することに。4回のミニブレークに成功したエブデン/パーセル組が、7-6(5)、6-7(3)、4-6、6-4、7-6[10-2]で勝利した。

エブデン/パーセル組は今大会でずっと苦しい戦いを続けてきた。6試合中一度もストレート勝ちがなく、うち5試合はフルセットにもつれ込み、さらにそのうち2試合では相手にマッチポイントを握られるという展開に。合計のプレー時間は20時間超。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトによれば、2試合で相手にマッチポイントを握られながらも優勝したペアは初めてだという。「全豪オープン」で準優勝に終わっていたエブデン/パーセル組は、2度目のグランドスラム決勝でビッグタイトルを手にした。

パーセルは優勝を決めた後、マクラクラン勉(日本/イカイ)/アンドレ・ヨーランソン(スウェーデン)ペアと対戦した1回戦で3度マッチポイントを握られたことを回想。「(3つのマッチポイントを握られた)1回戦で負けると思ったんだ。それなのに優勝することができた。最高の気分だよ」

敗れたメクティッチ/パビッチ組は昨年、「ウィンブルドン」を含むツアー最多の9タイトルを獲得していた。しかし、パビッチが準決勝で右手首を痛めてしまい、決勝では同箇所をテーピングでガチガチに固めたことで、普段は右手を添えて打つバックハンドを左手だけで打たなければならないという事態に陥っていた。それにもかかわらず、4時間を超える試合で接戦を演じたことについて、エブデンが称えている。

「彼らはここ2年のナンバー1ペアだ。この試合でも、怪我を抱えながらもう少しで僕たちを破るところだった。彼らがどれだけチームとして優れているかの現れだね。素晴らしいペアだよ」

パビッチ自身も「僕たちは戦い抜いた。去年と今年、ここでキャリアにおいて最高の時を過ごすことができたよ。とても誇りに思う」と話している。

一方、車いすの部では男子ダブルス決勝が行われ、第2シードの国枝慎吾(日本/ユニクロ)/グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)ペアが第1シードでディフェンディングチャンピオンのアルフィー・ヒュウェット(イギリス)/ゴードン・リード(イギリス)ペアを6-3、6-1で下して優勝。国枝にとっては8年ぶり3度目の優勝となった。また、クアードのシングルスでは決勝カードが決定している。

そしてジュニアでは男子ダブルスの決勝が開催され、第5シードのペアを下したノーシードのSebastian Gorzny(アメリカ)/Alex Michelsen(アメリカ)ペアが優勝している。

大会13日目の男子ダブルス、車いす男子、ジュニア男子の主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<男子ダブルス>
【決勝】

〇マシュー・エブデン(オーストラリア)/マックス・パーセル(オーストラリア)[14] 7-6(5) 6-7(3) 4-6 6-4 7-6[10-2] ●ニコラ・メクティッチ(クロアチア)/マテ・パビッチ(クロアチア)[2]

<車いす 男子ダブルス>
【決勝】

●アルフィー・ヒュウェット(イギリス)/ゴードン・リード(イギリス)[1] 3-6 1-6 〇グスタボ・フェルナンデス(アルゼンチン)/国枝慎吾(日本/ユニクロ)[2]

<クアード シングルス>
【準決勝】

〇ニルス・フィンク(オランダ)[1] 7-6(7) 6-1 ●ヒース・デビッドソン(オーストラリア)

<ジュニア 男子ダブルス>
【決勝】

●Gabriel Debru(フランス)/Paul Inchauspe(フランス)[5] 6-7(5) 3-6 〇Sebastian Gorzny(アメリカ)/Alex Michelsen(アメリカ)

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」優勝トロフィーを掲げるエブデンとパーセル(左より)
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. エブデン/パーセル組がグランドスラム初優勝![ウィンブルドン]