ニュース News

女子ダブルスの決勝で第1・第2シードが激突へ[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」決勝進出を喜ぶメルテンス(右)とジャン

現地7月8日に行われた「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)大会12日目、女子ダブルスの決勝カードが決定した。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトが伝えている。

準決勝で、第1シードのエリース・メルテンス(ベルギー)/ジャン・シューアイ(中国)ペアと第2シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)ペアが勝利。ダニエル・コリンズ(アメリカ)/デズレイ・クラブチェク(アメリカ)ペアと対戦したメルテンス/ジャン組は、4-0スタートを切った第1セットを取り、第2セットでも先にブレークに成功し、2-1とする。しかし直後にコリンズ/クラブチェク組がこの試合最初のブレークチャンスをモノにすると、第8ゲームでも相手のサービスゲームを破り、セットカウント1-1に。最終セットでは互いにサービスゲームをキープし合う展開となるが、第8ゲームで相手のゲームポイントから3ポイントを連取したメルテンス/ジャン組がブレーク。6-2、3-6、6-3で勝利した。前回チャンピオンであるメルテンスはこれで2年連続の決勝進出。一方のジャンは2019年「全豪オープン」と2021年「全米オープン」で優勝しており、グランドスラムのファイナリストとなるのはこれが3度目だ。

クレイチコバ/シニアコバ組は第4シードのリューメラ・キッチュノック(ウクライナ)/エレナ・オスタペンコ(ラトビア)ペアをあらゆるスタッツで上回り、6-2、6-2のストレート勝利。ジュニア時代からダブルスを組んできたクレイチコバ/シニアコバ組は、ペアとして2018年の「ウィンブルドン」を含めて4つのグランドスラムタイトルを手にしており、今回が6度目の決勝進出となる。

車いすの部では、上地結衣(日本/三井住友銀行)がシングルス、ダブルスでそろって決勝進出。第2シードとして臨んだシングルスの準決勝では世界5位のジェシカ・グリフィオン(オランダ)を、ディフェンディングチャンピオンとして臨むダブルスでは第2シードのクオザード・モンジェーヌ(南アフリカ)/ルーシー・シューカー(イギリス)ペアをストレートで退けた。

大谷桃子(日本/かんぽ生命保険)はシングルス、ダブルスで世界1位のディーダ・デ グロート(オランダ)と続けて対戦し、いずれも敗れている。

また、今年初めて行われている14歳以下の部では、男女各16人が4人ずつ4組に分かれて総当たり戦を行い、それぞれの組で最高成績をあげた男女各4人が準決勝に進出する。14歳の市岡梓奈(日本/グリーンテニスプラザ)はグループリーグ最初の2試合に勝利しており、2勝で並ぶSol Ailin Larraya Guidi(アルゼンチン)に勝てればベスト4入りとなるところだったが、4-6、6-4、[8-10]で惜しくも敗れている。

大会12日目、女子ダブルス、車いす女子、ジュニア女子の主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<女子ダブルス>
【準決勝】

〇エリース・メルテンス(ベルギー)/ジャン・シューアイ(中国)[1] 6-2 3-6 6-3 ●ダニエル・コリンズ(アメリカ)/デズレイ・クラブチェク(アメリカ)

●リューメラ・キッチュノック(ウクライナ)/エレナ・オスタペンコ(ラトビア)[4] 2-6 2-6 〇バーボラ・クレイチコバ(チェコ)/カテリーナ・シニアコバ(チェコ)[2]

<車いす 女子シングルス>
【準決勝】

●ジェシカ・グリフィオン(オランダ) 1-6 2-6 〇上地結衣(日本/三井住友銀行)[2]

〇ディーダ・デ グロート(オランダ)/[1] 6-1 6-0 ●大谷桃子(日本/かんぽ生命保険)

<車いす 女子ダブルス>
【1回戦】

〇上地結衣(日本/三井住友銀行)/ダナ・マシューソン(アメリカ) 6-4 6-2 ●クオザード・モンジェーヌ(南アフリカ)/ルーシー・シューカー(イギリス)[2]

〇ディーダ・デ グロート(オランダ)/アニーク・ファンクォト(オランダ)[1] 7-5 7-5 ●ジェシカ・グリフィオン(オランダ)/大谷桃子(日本/かんぽ生命保険)

<ジュニア 女子シングルス>
【準決勝】

〇Liv Hovde(アメリカ)[1] 6-4 6-3 ●Victoria Mboko(カナダ)[5]

<ジュニア 女子ダブルス>
【準決勝】

●Nikola Bartunkova(チェコ)/Celine Naef(スイス)[1] 4-6 4-6 〇Kayla Cross(カナダ)/Victoria Mboko(カナダ)[4]

<14歳以下 女子シングルス>
【グループリーグ】

●市岡梓奈(日本/グリーンテニスプラザ) 4-6 6-4 [8-10] 〇Sol Ailin Larraya Guidi(アルゼンチン)

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」決勝進出を喜ぶメルテンス(右)とジャン
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 女子ダブルスの決勝で第1・第2シードが激突へ[ウィンブルドン]