ニュース News

ハレプ、リバキナがベスト4進出。混合ダブルスの決勝カードが決定[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのリバキナ

現地7月6日に行われた「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)大会10日目、女子シングルスと女子ダブルスのベスト4、混合ダブルスの決勝カードが決まった。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトが伝えた。

女子シングルス準々決勝では、第16シードで2019年チャンピオンでもあるシモナ・ハレプ(ルーマニア)が第20シードのアマンダ・アニシモワ(アメリカ)に6-2、6-4のストレート勝ち。アニシモワが得た8回のブレークチャンスのうち7回をしのぎ、第1・第2セットともに5ゲームを連取する勢いを見せた。ハレプは3年ぶりに出場した「ウィンブルドン」で12連勝中。今大会ここまで1セットも落としておらず、2度目の優勝まであと2勝としている。

「“ウィンブルドン”で再び準決勝に進むことができて嬉しいわ。大好きな大会の一つだから特別な気分よ。今日はとてもいいプレーができた。試合ごとに徐々に良くなってきていると思うわ」

そんなハレプと準決勝で対戦するのは、第17シードの23歳エレナ・リバキナ(カザフスタン)。リバキナは世界ランキング44位のアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア)との準々決勝で、15本のサービスエースを含めて34本ものウィナーを記録。第1セットを奪われながらも4-6、6-2、6-3の逆転勝利で、グランドスラム初のベスト4入りを果たした。

ハレプとリバキナは過去3度対戦しており、ハレプの2勝1敗。過去2回はいずれもフルセットまでもつれ込んでいる。その2試合のどちらもタイブレークを落としたことが響いたリバキナは、「ドバイでの大会も“全米オープン”も接戦だったわ。スコアは気にせず、自分のテニス、自分の戦術に集中して戦いたい」と4度目の対戦に向けて話している。

女子ダブルスでもベスト4が決まり、前回チャンピオンである第1シードのエリース・メルテンス(ベルギー)/ジャン・シューアイ(中国)ペアとノーシードのダニエル・コリンズ(アメリカ)/デズレイ・クラブチェク(アメリカ)ペアが勝ち上がった。

混合ダブルスでは準決勝が行われ、決勝カードは第2シードのニール・スクプスキー(イギリス)/デズレイ・クラブチェク(フランス)ペア対ノーシードのマシュー・エブデン(オーストラリア)/サマンサ・ストーサー(オーストラリア)ペアに決定。元ダブルス世界2位のジャック・ソック(アメリカ)とダブルス世界5位のココ・ガウフ(アメリカ)という注目ペアは、エブデン/ストーサー組にフルセットの末に敗れた。

ジュニアでは女子シングルス、女子ダブルスでベスト8が決定。女子ダブルスではジュニア世界38位で16歳の石井さやか(日本/HSS)がベスト8に名を連ねた一方、世界36位で15歳の齋藤咲良(日本/MAT Tennis Academy)、世界55位で15歳の木下晴結(日本/LYNX TA大阪)は2回戦敗退となった。木下は女子シングルスでも準々決勝進出を逃している。

大会10日目、女子シングルスと女子ダブルス、混合ダブルス、ジュニア女子の主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<女子シングルス>
【準々決勝】

〇シモナ・ハレプ(ルーマニア)[16] 6-2 6-4 ●アマンダ・アニシモワ(アメリカ)[20]

●アイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア) 6-4 2-6 3-6 〇エレナ・リバキナ(カザフスタン)[17]

<女子ダブルス>
【準々決勝】

〇エリース・メルテンス(ベルギー)/ジャン・シューアイ(中国)[1] 6-3 6-2 ●アレクサ・グラーチ(チリ)/アンドレア・クレパーチ(スロベニア)[7]

〇ダニエル・コリンズ(アメリカ)/デズレイ・クラブチェク(アメリカ) 6-1 6-7(4) 6-3 ●アリシア・ロソルスカ(ポーランド)/エリン・ロウトリフ(ニュージーランド)[11]

<混合ダブルス>
【準決勝】

●マテ・パビッチ(クロアチア)/サーニャ・ミルザ(インド)[6] 6-4 5-7 4-6 〇ニール・スクプスキー(イギリス)/デズレイ・クラブチェク(フランス)[2]

〇マシュー・エブデン(オーストラリア)/サマンサ・ストーサー(オーストラリア) 6-3 5-7 7-5 ●ジャック・ソック(アメリカ)/ココ・ガウフ(アメリカ)

<ジュニア 女子シングルス>
【3回戦】

●木下晴結(日本/LYNX TA大阪) 4-6 1-6 〇Jasmine Conway(イギリス)

<ジュニア 女子ダブルス>
【2回戦】

〇石井さやか(日本/HSS)/Lanlana Tararudee(タイ) 6-0 6-1 ●Annabelle Xu(カナダ)/Naomi Xu(カナダ)

●Yu-Yun Li(台湾)/齋藤咲良(日本/MAT Tennis Academy) 3-6 6-7(5) 〇Lucija Ciric Bagaric(クロアチア)/Nikola Daubnerova(スロバキア)[3]

〇Rose Marie Nijkamp(オランダ)/Angella Okutoyi(ケニア) 6-2 6-3 ●Denislava Glushkova(ブルガリア)/木下晴結(日本/LYNX TA大阪)

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」でのリバキナ
(Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ハレプ、リバキナがベスト4進出。混合ダブルスの決勝カードが決定[ウィンブルドン]