ニュース News

ジュニアの石井さやかがダブルスでベスト8進出[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」での石井

現地7月6日に行われた「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)大会10日日、ジュニアの女子ダブルスでジュニア世界ランキング38位であり16歳の石井さやか(日本/HSS)がベスト8に進出した。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトが報じている。

石井は世界56位で17歳のLanlana Tararudee(タイ)と組み、2回戦では世界21位で18歳のAnnabelle Xu(カナダ)と世界119位で15歳のNaomi Xu(カナダ)というペアと対戦。相手ペアがダブルフォルトを8回記録するなど、なかなかサーブが入らなかったこともあり、序盤から石井/Tararudeeペアが相手を圧倒。試合開始から実に11ゲームを連取する。52分で6-0、6-1の大勝を飾った。これで石井/Tararudeeペアは準々決勝進出。次戦では、第3シードのペア、世界26位で18歳のLucija Ciric Bagaric(クロアチア)と世界12位で16歳のNikola Daubnerova(スロバキア)ペアと顔を合わせる。

この日同じく2回戦に臨んだ世界36位で15歳の齋藤咲良(日本/MAT Tennis Academy)、世界55位で15歳の木下晴結(日本/LYNX TA大阪)はベスト8ならず。齋藤と世界70位で18歳のYu-Yun Li(台湾)とのペアは、Ciric Bagaric/Daubnerovaペアに自分たちの倍となる4回のブレークを許してしまい、3-6、6-7(5)で敗れた。木下と世界49位で18歳のDenislava Glushkova(ブルガリア)のペアは、ファースト&セカンドサーブのポイント取得率が50%以下にとどまり、世界61位で18歳のAngella Okutoyi(ケニア)と世界83位で16歳のRose Marie Nijkamp(オランダ)のペアに2-6、3-6のストレート負け。

木下はこのダブルスの前にシングルス3回戦にも臨んでいたが、世界78位で17歳のJasmine Conway(イギリス)に4-6、1-6で敗れている。ダブルフォルトを5回犯したこともありアンフォーストエラーの数で相手を上回ってしまい(21:18)、第1・第2セットともに最初のサービスゲームを落としたことが響いた。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」での石井
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ジュニアの石井さやかがダブルスでベスト8進出[ウィンブルドン]