ニュース News

柴原、女子Dと混合のダブルヘッダーでベスト8を目指す![ウィンブルドン]

「WTA500 ベルリン」での柴原

開催8日目を迎える今季3つ目のグランドスラム、「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)。柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)が女子ダブルスと混合ダブルスの両方で準々決勝進出をかけた戦いに臨む。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトが報じている。

男女ダブルスはそれぞれ64チームが出場し、男子決勝は女子シングルスと同じ7月9日土曜日に、女子決勝は男子シングルスと同じ7月10日日曜日に予定されている。混合ダブルスには32チームが出場、決勝は7月7日木曜日の予定だ。

ダブルス世界ランキング8位の柴原は、同36位のエイジア・ムハメッド(アメリカ)とのペアで、女子ダブルスに第5シードとして出場。本日コート12で日本時間19時開始予定の第1試合で3回戦に臨む。1回戦では地元イギリスの宮崎百合子(イギリス)/Sarah Beth Grey(イギリス)ペアに6-1、6-1で、2回戦では世界117位のハン・シンユン(中国)と世界252位のジュ・リン(中国)のペアに6-1、6-4で快勝した。24歳の柴原は青山修子(日本/近藤乳業)とのペアで、昨年の「ウィンブルドン」と今年の「全豪オープン」で準決勝に進出。また今年の「全仏オープン」ではヴェスレイ・クールホフ(オランダ)と組んだ混合ダブルスで、見事に初優勝を果たした。31歳のムハメッドはこれまでにグランドスラムに25回出場し、最高成績は2020年「全米オープン」でのベスト4、「ウィンブルドン」には4回出場し、昨年3回戦に進出。柴原/ムハメッドのペアは今季「WTA1000 インディアンウェルズ」で準優勝。グラスコートの前哨戦では「WTA250 ノッティンガム」と「WTA500 ベルリン」でベスト8に進出している。

柴原/ムハメッド組の対戦相手は世界44位のアリシア・ロソルスカ(ポーランド)と世界34位のエリン・ロウトリフ(ニュージーランド)のペア。第11シードの二人は、1回戦でイリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)/アンヘリーナ・カリニーナ(ウクライナ)ペアに6-4、6-4で、2回戦では世界74位のCatherine Harrison(アメリカ)と世界83位のサブリナ・サンタマリア(アメリカ)に6-7(3)、7-5、7-6[10-7]という接戦の末に逆転勝利している。36歳のロソルスカのグランドスラムでの最高成績は2018年「ウィンブルドン」でのベスト4進出。27歳のロウトリフはこれが3度目の「ウィンブルドン」出場で、今回初勝利を挙げた。グランドスラム全体では6回出場し、昨年の「全米オープン」と今年の「全仏オープン」で3回戦に進出。ロソルスカ/ロウトリフ組は今大会前の「WTA250 バッドホンブルク」の決勝で穂積絵莉(日本/日本住宅ローン)/二宮真琴(日本/エディオン)ペアに敗れて準優勝を果たしている。

そして柴原は、コート18の第4試合(第1試合は日本時間19時開始予定)で混合ダブルスの第1シードとして2回戦に臨む。柴原のパートナーである世界11位の40歳ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)は、2014年「全仏オープン」混合ダブルスで優勝。男子ダブルスでは2015年「ウィンブルドン」、2017年「全米オープン」、今年の「全仏オープン」を制しており、キャリアグランドスラム達成まであと「全豪オープン」を残すだけという頼もしいパートナーだ。1回戦ではダブルス世界19位のオースティン・クライチェク(アメリカ)と同29位のアレクサ・グラーチ(チリ)のペアに6-4、7-6(10)で接戦ながらもストレートで勝利した。

そんな柴原/ロジェ組の2回戦の相手は、世界31位のマシュー・エブデン(オーストラリア)と世界11位のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)のペア。34歳のエブデンは2013年「全豪オープン」の混合ダブルスで優勝。男子ダブルスでは、今年の「全豪オープン」で準優勝している。そしてダブルス元世界女王、38歳のストーサーは、シングルスでも元世界4位で、2011年「全米オープン」を制している。女子ダブルスでは2019年「全豪オープン」、2006年「全仏オープン」、そして「全米オープン」では2005年と2021年の2度タイトルを獲得しているが、「ウィンブルドン」では2008年、2009年、2011年の3度の準優勝が最高成績。混合ダブルスでは2005年「全豪オープン」と、「ウィンブルドン」で2008年と2014年の2度、優勝を果たした。エブデン/ストーサー組は1回戦で世界56位のヨラン・フリーゲン(ベルギー)と世界43位のウルリカ・エイケリ(ノルウェー)のペアに4-6、7-6(6)、6-4で逆転勝利。フリーゲン/エイケリ組といえば、柴原とクールホフのペアが今年の「全仏オープン」決勝で下した準優勝ペアだ。

2試合に勝利すれば、柴原は女子ダブルスでも混合ダブルスでもベスト8進出となる。女子ダブルスでは、先に元パートナーの青山が準々決勝進出を決めている。柴原にも、2つの種目での快進撃を続けてほしい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA500 ベルリン」での柴原
(Photo by Robert Prange/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 柴原、女子Dと混合のダブルヘッダーでベスト8を目指す![ウィンブルドン]