ニュース News

3回戦にジョコビッチ、アルカラスらが登場!混合ダブルスも始まる[ウィンブルドン]

2021年「WTA1000 インディアンウェルズ」でのジャバー

開催5日目を迎えた今季3つ目のグランドスラム、「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)。大会4連覇を狙うノバク・ジョコビッチ(セルビア)らが3回戦を迎える。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトが報じている。

日本時間21時半から第1試合が開始となるセンターコートには、女子第3シードのオンス・ジャバー(チュニジア)、男子第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、地元イギリスのトップ選手である第9シードのキャメロン・ノリー(イギリス)が登場。

アラブ系女子選手として様々な記録を作り続け、ユーモアあふれる明るい人柄で選手の間でも人気のジャバーは、1回戦では世界ランキング125位の予選勝者ミリアム・ビョルクルン(スウェーデン)に、2回戦では世界132位のカタジーナ・カバ(ポーランド)に、いずれも4ゲームしか与えずに圧勝。本日の3回戦では、2回戦で本玉真唯(日本/島津製作所)を6-3、6-2で破った19歳のディアン・パリ―(フランス)と初対戦する。ジャバーは昨年大会でベスト8に進出し、現在キャリアハイの世界ランキング2位で、優勝候補の一角と見なされている。勢いのある若手である「ウィンブルドン」初出場のパリーを打ち負かすことができるだろうか。

第2試合ではグランドスラム20回優勝のジョコビッチが、同胞である第25シードのミオミル・キツマノビッチ(セルビア)と対戦。ジョコビッチは1回戦では世界81位の24歳クォン・スンウ(韓国)に4セットで、2回戦では世界79位のタナシ・コキナキス(オーストラリア)にストレートで勝利した。現在キャリアハイランキングである世界30位の22歳キツマノビッチは、1回戦で世界85位のジョン・ミルマン(オーストラリア)を、2回戦で世界78位のアレハンドロ・タビロ(チリ)をいずれも4セットで下した。キツマノビッチはこれが3大会連続での「ウィンブルドン」出場で、初めての3回戦進出。2戦して未だ勝ったことのない祖国の英雄ジョコビッチをどこまで苦しめることができるだろうか。

第3試合に登場するノリーは、世界93位のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)と3回戦を戦う。26歳のノリーは昨年大会に続いて「ウィンブルドン」では2回目、グランドスラム全体では6回目の3回戦進出だが、そこから先に進んだことはまだない。1回戦では世界100位のパブロ・アンドゥハル(スペイン)をストレートで、2回戦では世界71位のジャウメ・ムナール(スペイン)をフルセットの末に倒した。イギリス期待の星であった元世界王者アンディ・マレー(イギリス)や全米女王エマ・ラドゥカヌ(イギリス)が敗退したことで、残るイギリス人選手たちには地元ファンたちの大きな期待がのしかかるが、ノリーは「もし自分が大会に残った最後のイギリス人選手になったとしても、そうなった時はそうなった時だ。試合に臨む姿勢はいつもと同じ、できる限りの力を尽くすだけ。ここは“ウィンブルドン”、良い結果を出したいし、自分の最高のテニスをしたい」と語った。対するジョンソンのグランドスラムでの最高成績は、2016年「ウィンブルドン」での4回戦進出。今大会1回戦では第2セット途中で対戦相手だった第18シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が怪我のため途中棄権。2回戦ではグラスコートの前哨戦で好成績を残して注目されていた世界135位のライアン・ペニストン(イギリス)を6-3、6-2、6-4のストレートで下して、2大会ぶりの3回戦進出を決めている。

日本時間の21時から第1試合の始まるNo.1コートでは、第3試合に第5シードのカルロス・アルカラス(スペイン)が登場。世界7位のアルカラスは、1回戦では世界155位のヤン レナード・ストルフ(ドイツ)を相手にフルセットと苦しんだが、2回戦では世界53位のタロン・グリークスプア(オランダ)にストレートで勝利。3回戦の対戦相手オスカー・オッテ(ドイツ)は、28歳の中堅選手だが現在キャリアハイの世界36位。グランドスラムには8回目の出場で、最高成績は2021年「全米オープン」の4回戦進出、「ウィンブルドン」は2年連続2回目の出場で、昨年は2回戦に進出した。グラスコートの前哨戦、「ATP250 シュトゥットガルト」と「ATP500 ハレ」ではいずれもベスト4に進出と、好調さを見せていた。今大会1回戦では世界92位のペーター・ゴヨブチック(ドイツ)にストレート勝利し、2回戦では世界251位の予選勝者クリスチャン・ハリソン(アメリカ)が第1セット途中で棄権。19歳のアルカラスはグラスコートでの経験の少なさを乗り越えてどこまで勝ち進めるだろうか。

男子シングルスではその他に第10シードのヤニク・シナー(イタリア)と第20シードのジョン・イズナー(アメリカ)が対戦。女子では第5シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)、第12シードのエレナ・オスタペンコ(ラトビア)らが登場する。

女子ダブルスではコート15で日本時間の19時から始まる第1試合で、ダブルス世界10位の青山修子(日本/近藤乳業)が同51位のチャン・ハオチン(台湾)と組んで、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する地元のNaiktha Bains(イギリス)/Maia Lumsden(イギリス)ペアと対戦予定。コート5の第3試合(第1試合は日本時間19時開始予定)では、世界8位の柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)と世界36位のエイジア・ムハメッド(アメリカ)のペアが、世界117位のハン・シンユン(中国)と世界252位のジュ・リン(中国)のペアとの2回戦に臨む。

混合ダブルスでは、ダブルス世界46位のマクラクラン勉(日本/イカイ)が、女子ダブルスでは青山のパートナーであるチャンと組んで、コート6の第4試合(第1試合は日本時間19時開始予定)で第7シードのロベルト・ファラ(コロンビア)とオスタペンコのペアとの1回戦に挑む。

また混合ダブルスには、昨年の8月以降、怪我のために実戦から遠ざかっていた元世界女王、42歳のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)が、ダブルスの元世界王者ジェイミー・マレー(イギリス)と組んでエントリー。現地午後5時(日本時間の2日午前1時)以降にマイケル・ビーナス(ニュージーランド)/アリシア・ロソルスカ(ポーランド)ペアと1回戦を戦うことになっている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「WTA1000 インディアンウェルズ」でのジャバー
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 3回戦にジョコビッチ、アルカラスらが登場!混合ダブルスも始まる[ウィンブルドン]