ニュース News

チチパスとキリオスが対戦へ。新型コロナで3人目の棄権者[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのキリオス

現地6月30日に行われた「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)大会4日目、シングルス、ダブルスでともにシード選手が早期敗退を喫している。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトが伝えた。

第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)は世界ランキング106位のリカルダス・ベランキス(リトアニア)に6-4、6-4、4-6、6-3で勝利し、3回戦進出。39本のアンフォーストエラーを犯し、1回戦に続いて第3セットを落としたが、本人は気にしていないようだ。「対戦相手は世界最高クラスの選手たちだし、僕は過去3年間グラスコートでプレーしていなかったから、難しい試合になってしまうのは無理ない。毎日はより成長するための機会だよ」

元世界13位のニック・キリオス(オーストラリア)は第26シードのフィリップ・クライノビッチ(セルビア)をわずか85分で退け、「ウィンブルドン」では6度目の3回戦進出。24本のサービスエースを決めたこともあり、ファーストサーブのポイント獲得率は93%を記録した。キリオスは次戦で第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。

また、前回大会でベスト4まで進んでいた第13シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)は、世界56位のブランドン・ナカシマ(アメリカ)に4セットで敗れている。20歳のナカシマはこれが2回目の「ウィンブルドン」出場で、グランドスラムで3回戦に進むのは今年の「全仏オープン」に続いて2回目。そのほかには、第17シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)が新型コロナウイルスにより2回戦出場を取りやめた。新型コロナが原因で大会から去ったのは、マリン・チリッチ(クロアチア)、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に続いて3人目となる。

地元イギリス勢では、20歳の世界94位ジャック・ドレイパーが第19シードのアレックス・デミノー(オーストラリア)に逆転負けした一方、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場する世界132位のリアム・ブローディが第12シードのディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)をフルセットで破った。2回戦終了時点で残っているのはブローディと、3日目に勝利していた第9シードのキャメロン・ノリーの二人だけだ。

一方の男子ダブルスでは、マクラクラン勉(日本/イカイ)が登場。マクラクランとアンドレ・ヨーランソン(スウェーデン)のペアは、「全豪オープン」ファイナリストである第14シードのマシュー・エブデン(オーストラリア)/マックス・パーセル(オーストラリア)ペアから2セットを先取。しかしそこから追いつかれて第5セットまで持ち込まれると、3つのマッチポイントを逃し、7-6(5)、6-4、3-6、4-6、6-7[8-10]で敗れた。

ほかには、第5シードのティム・プッツ(ドイツ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)ペアがレイブン・クラーセン(南アフリカ)/マルセロ・メロ(ブラジル)にフルセットで敗れ、1回戦で姿を消している。

大会4日目の男子シングルス、男子ダブルスの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<男子シングルス>
【2回戦】

●リカルダス・ベランキス(リトアニア) 4-6 4-6 6-4 3-6 〇ラファエル・ナダル(スペイン)[2]

●ジョーダン・トンプソン(オーストラリア) 2-6 3-6 5-7 〇ステファノス・チチパス(ギリシャ)[4]

●アラステア・グレイ(イギリス) 3-6 6-7(3) 3-6 〇テイラー・フリッツ(アメリカ)[11]

〇リアム・ブローディ(イギリス) 6-2 4-6 0-6 7-6(6) 6-1 ●ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)[12]

●デニス・シャポバロフ(カナダ)[13] 2-6 6-4 1-6 6-7(6) 〇ブランドン・ナカシマ(アメリカ)

〇アレックス・デミノー(オーストラリア)[19] 5-7 7-6(0) 6-2 6-3 ●ジャック・ドレイパー(イギリス)

●エミル・ルースブオリ(フィンランド) 6-3 1-6 4-6 4-6 〇ボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ)[21]

●フィリップ・クライノビッチ(セルビア)[26] 2-6 3-6 1-6 〇ニック・キリオス(オーストラリア)

<男子ダブルス>
【1回戦】

●アンドレ・ヨーランソン(スウェーデン)/マクラクラン勉(日本/イカイ) 7-6(5) 6-4 3-6 4-6 6-7(8) 〇マシュー・エブデン(オーストラリア)/マックス・パーセル(オーストラリア)[14]

〇ラジーブ・ラム(アメリカ)/ジョー・ソールズベリー(イギリス)[1] 6-3 7-6(5) 7-6(6) ●ダニエル・アルトマイヤー(ドイツ)/カルロス・タベルネル(スペイン)

●ティム・プッツ(ドイツ)/マイケル・ビーナス(ニュージーランド)[5] 6-4 6-7(2) 5-7 6-1 6-7[6-10] 〇レイブン・クラーセン(南アフリカ)/マルセロ・メロ(ブラジル)

〇フアン セバスチャン・カバル(コロンビア)/ロベルト・ファラ(コロンビア)[6] 6-4 6-4 6-4 ●ユーゴ・アンベール(フランス)/アドリアン・マナリノ(フランス)

●スティーブ・ジョンソン(アメリカ)/サム・クエリー(アメリカ) 3-6 6-7(2) 7-6(4) 5-7 〇イバン・ドディグ(クロアチア)/オースティン・クライチェク(アメリカ)[8]

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」でのキリオス
(Photo by Shaun Botterill/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. チチパスとキリオスが対戦へ。新型コロナで3人目の棄権者[ウィンブルドン]