ニュース News

マレーもレーバー・カップに出場!ビッグ4集結の可能性!?

2018年「全豪オープン」でのマレー

チーム・ヨーロッパ(欧州選抜)とチーム・ワールド(世界選抜)の2チームによる団体戦「レーバー・カップ」(イギリス・ロンドン/9月23日~9月25日/室内ハードコート)に元世界王者のアンディ・マレー(イギリス)が出場することがわかった。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

テニス界のレジェンドであるビヨン・ボルグ(スウェーデン)がキャプテンを務めるチーム・ヨーロッパは、すでにロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)の出場が決まっており、大きな注目を集めている。

今回が「レーバー・カップ」初出場となるマレーは、「ロンドンで開催される“レーバー・カップ”でプレーするのが楽しみだ。チームの一員としてプレーするのは大好きだし、この大会には素晴らしい雰囲気と緊張感がある。良いことをたくさん聞いているし、ロジャーとラファの2人とチームを組めることに興奮しているよ」とコメント。

ボルグもマレーを歓迎し「彼がチームに加わってくれて非常に嬉しく思ってる。献身的で、猛烈で、インスピレーションを与えてくれる選手なんだ。そしてまたトップで戦えることを証明している。シングルスとダブルスの両方で大きな強みになってくれるだろう」と喜びを露わに。

フェデラー、ナダル、マレーが揃い、ビッグ4集結に期待が高まる中、2018年に一度「レーバー・カップ」に出場した経験を持つノバク・ジョコビッチ(セルビア)も出場に関して言及。「出場できたらユニークなことになるだろうね。可能性はあるよ。僕のエージェントは“レーバー・カップ”のチームと連絡を取り合っているんだ。“ウィンブルドン”が終わった後に、決断を下すと合意している」

続けて「“レーバー・カップ”は、強力なライバルやビッグ4とチームを組むことができる唯一の大会。それはもちろん僕ら選手達のみならず、世界中のファンにとっても楽しみなコンセプトだ。それにロンドンのO2アリーナはとてもなじみのある場所。イギリスのファンたちは10年以上にわたって“Nitto ATPファイナルズ”の成功に貢献してきた。もう一度そこでプレー出来たら嬉しい」と述べ、出場に前向きな様子を見せた。

そのほか、大会側は19歳にして世界ランキング7位と今季凄まじい成長を見せているカルロス・アルカラス(スペイン)も出場できるよう交渉を進めているという。

元世界王者のジョン・マッケンロー(アメリカ)率いるチーム・ワールドには、世界9位のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)と世界14位のテイラー・フリッツ(アメリカ)、世界15位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)の3人が出場することが発表されている。

チームのメンバーは各6人ずつで、そのうち3人は世界ランキングの高い順にそれぞれの地域の選手から選ばれる。同じチームで戦うビッグ4を見ることができるのか、引き続き今後のメンバー発表に注目していきたい。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2018年「全豪オープン」でのマレー
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. マレーもレーバー・カップに出場!ビッグ4集結の可能性!?