ニュース News

マレー、全仏準優勝のルードが2回戦敗退[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」でのマレー

現地29日の「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)大会3日目、1日目と同じく雨が降って試合進行が遅れる中で男子シングルス2回戦が行われたほか、男子ダブルスがスタートした。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトが伝えている。

「全仏オープン」ファイナリストで第3シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)は、世界ランキング112位のユーゴ・アンベール(フランス)に逆転負けで2回戦敗退に。ともに1998年生まれの二人はこれで4度目の対戦で、アンベールの3勝1敗。ルードが勝利したのは、得意のクレーコートで戦った1回のみだ。

2013年・2016年のチャンピオンである元世界王者のアンディ・マレー(イギリス)も2回戦で姿を消した。36本ものサービスエースを決めた第20シードのジョン・イズナー(アメリカ)相手にマレーは第1セット序盤しかブレークチャンスを作れず、第3セットをタイブレークの末にモノにしたものの、第4セット第5ゲームでショットがネットにかかる不運からブレークを許すと、その差を取り返せないまま、4-6、6-7(4)、7-6(3)、4-6で敗れた。

35歳のマレーと37歳のイズナーはこれが9回目の対戦で、イズナーが勝利したのは初めてだった。イズナーは「この瞬間を噛みしめたい。僕のキャリアにおいても特に重要な一勝だよ。アンディは僕たち全員にロッカールームで大きな刺激を与えてくれる存在だ。彼が今もこうして続けてくれていて僕たちは本当に恵まれているよ」と述べている。

2018年大会でベスト4まで進んだイズナーは今大会ここまでに80本ものサービスエースを決めており、ツアーで最も多くのサービスエースを決めた(1万3728本)イボ・カルロビッチ(クロアチア)の記録に4本差と迫っている。

マレー以外のイギリス勢では、第9シードのキャメロン・ノリー(イギリス)がフルセットの末に世界71位のジャウメ・ムナール(スペイン)に辛勝。一方、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場の世界135位ライアン・ペニストンは、世界93位のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)にストレート負けを喫した。

第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)、第5シードのカルロス・アルカラス(スペイン)はともにストレート勝ちで2回戦へ。ルードのほかには、第15シードのライリー・オペルカ(アメリカ)、第31シードのセバスチャン・バエス(アルゼンチン)がそれぞれワイルドカードで出場する世界104位のティム・ファン ライトホフェン(オランダ)、元世界7位のダビド・ゴファン(ベルギー)に敗れている。

また、この日スタートした男子ダブルスでは、いきなりの波乱が。「全仏オープン」で優勝したばかりの第4シード、マルセロ・アレバロ(エルサルバドル)/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)ペアが、デニス・クドラ(アメリカ)/ジャック・ソック(アメリカ)ペアにストレート負け。ディフェンディングチャンピオンである第2シードのニコラ・メクティッチ(クロアチア)/マテ・パビッチ(クロアチア)ペアをはじめとしたそのほかのシード選手たちは順当に2回戦へと駒を進めている。

なお、大会1日目と同じく、複数の試合が雨天順延となった。2週間の戦いが滞りなく進むことを祈りたい。

大会3日目の男子シングルス、男子ダブルスの主な試合結果は以下の通り。(※[]内の数字はシード表記)

<男子シングルス>
【2回戦】

〇ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[1] 6-1 6-4 6-2 ●タナシ・コキナキス(オーストラリア)

●キャスパー・ルード(ノルウェー)[3] 6-3 2-6 5-7 4-6 〇ユーゴ・アンベール(フランス)

●タロン・グリークスプア(オランダ) 4-6 6-7(0) 3-6 〇カルロス・アルカラス(スペイン)[5]

〇キャメロン・ノリー(イギリス)[9] 6-4 3-6 5-7 6-0 6-2 ●ジャウメ・ムナール(スペイン)

〇ヤニク・シナー(イタリア)[10] 6-4 6-3 5-7 6-2 ●ミカエル・イーメル(スウェーデン)

〇ティム・ファン ライトホフェン(オランダ) 6-4 6-7(8) 7-6(7) 7-6(4) ●ライリー・オペルカ(アメリカ)[15]

●アンディ・マレー(イギリス) 4-6 6-7(4) 7-6(3) 4-6 〇ジョン・イズナー(アメリカ)[20]

〇ニコラス・バシラシビリ(ジョージア)[22] 7-6(7) 0-6 7-5 7-6(5) ●カンタン・アリス(フランス)

〇ダビド・ゴファン(ベルギー) 6-1 6-2 6-4 ●セバスチャン・バエス(アルゼンチン)[31]

〇イリ・ベセリ(チェコ) 6-3 5-7 6-7(2) 6-3 7-6[10-7] ●アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)

●ライアン・ペニストン(イギリス) 3-6 2-6 4-6 〇スティーブ・ジョンソン(アメリカ)

<男子ダブルス>
【1回戦】

●ブノワ・ペール(フランス)/アルベルト・ラモス ビノラス(スペイン) 4-6 1-6 1-6 〇ニコラ・メクティッチ(クロアチア)/マテ・パビッチ(クロアチア)[2]

〇ヴェスレイ・クールホフ(オランダ)/ニール・スクプスキー(イギリス)[3] 6-3 7-5 6-3 ●ファクンド・バグニス(アルゼンチン)/ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)

〇デニス・クドラ(アメリカ)/ジャック・ソック(アメリカ) 7-6(4) 6-3 6-4 ●マルセロ・アレバロ(エルサルバドル)/ジャン ジュリアン・ロジェ(オランダ)[4]

〇ジェイミー・マレー(イギリス)/ブルーノ・ソアレス(ブラジル)[9] 6-3 6-4 6-2 ●バンジャマン・ボンジ(フランス)/アルトゥール・リンデルネック(フランス)

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」でのマレー
(Photo by Simon Stacpoole/Offside/Offside via Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. マレー、全仏準優勝のルードが2回戦敗退[ウィンブルドン]