ニュース News

対戦相手や日程が変更となった土居は1回戦敗退[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」での土居

現地28日に行われた「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)女子シングルス1回戦で、世界ランキング108位の土居美咲(日本/ミキハウス)が1回戦敗退となった。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトが報じている。

土居は、グランドスラムはこれが36回目、「ウィンブルドン」は2年連続9回目の出場。グランドスラムでの最高成績は2016年「ウィンブルドン」の4回戦進出だった。

1回戦では、第19シードのマディソン・キーズ(アメリカ)と当たるはずだったが、ドロー決定後に相手が腹筋の怪我のため欠場することを発表。それにより、第33シードのジャン・シューアイ(中国)と対戦することになった。また、試合も現地27日で予定されていたが、雨により同日の試合スケジュールが大幅に乱れたことで、土居の試合を含む10試合が翌日に順延された。

世界41位のジャンとは過去に6度対戦しており、土居の1勝5敗。7度目の顔合わせは土居のサーブから始まるが、いきなりラブゲームでブレークされる。しかし土居もすぐさま追いつく。第7ゲームで土居は2回あったゲームポイントを決められずに再びサービスゲームを落とすと、直後のブレークバックのチャンスも逃してしまい、このセットを4-6で奪われる。

第2セットに入ると、土居はファーストサーブの確率が第1セットの57%から41%に大きくダウン。ポイントもなかなか取れなくなり、3つのサービスゲームをすべて破られてしまう。さらに相手は3つのサービスゲームで土居に1ポイントしか与えないという隙のなさで、土居は4-6、0-6で敗れた。

土居は2016年の「ウィンブルドン」で4回戦に進出して以降、グランドスラムで1回戦を突破したのは昨年の「全米オープン」だけ。最高の結果を出したこの舞台での勝利が期待されたが、対戦相手も試合日時もコートも当初の予定から変更という状況の中では難しかったようだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」での土居
(Photo by Ryan Pierse/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 対戦相手や日程が変更となった土居は1回戦敗退[ウィンブルドン]