ニュース News

グランドスラム本戦初出場の本玉が1回戦突破[ウィンブルドン]

「ウィンブルドン」での本玉

現地27日に行われた「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)本戦初日、予選を勝ち抜いてグランドスラム本戦初出場を決めた世界ランキング139位の22歳、本玉真唯(日本/島津製作所)が2回戦へと駒を進めた。大会公式ウェブサイトが報じている。

2021年の「全米オープン」からグランドスラムの予選に参加してきた本玉。同大会で2回戦、今年の「全豪オープン」で3回戦、「全仏オープン」では1回戦でそれぞれ敗れていたが、4度目のチャンスでついに本戦へと勝ち進んだ。初の本戦出場を決めた際、「予選突破/支えてくれている全ての皆様に感謝です/楽しみます!!!」とInstagramに綴っていた。

1回戦では19歳の世界53位クララ・タウソン(デンマーク)と対戦。2019年の「全豪オープン」ジュニアで優勝した元世界ジュニア女王のタウソンは、グランドスラム本戦出場が6回目で、「ウィンブルドン」は1回戦負けを喫した昨年に続いて2回目の出場。「全仏オープン」と「全米オープン」で2回戦に、今年の「全豪オープン」では2回戦で第6シードのアネット・コンタベイト(エストニア)をストレートで破って3回戦に進出した。今年2月にキャリアハイの33位まで到達したが、4月の末に「WTA1000 マドリード」の1回戦で世界60位だったマルタ・コスチュク(ウクライナ)にストレートで敗れて以降、背中の怪我のため公式戦に出場していなかった。

大会初日から雨により試合開始が大きく遅れる中、本玉の記念すべきグランドスラム本戦初試合はタウソンのサーブでスタート。本玉は自分の最初のサービスゲームでデュースとされながらも最後はフォアハンドを決めてキープに成功すると、続く第3ゲームで相手に1ポイントしか与えずにブレーク。その直後、タウソンがコート上でメディカルタイムアウトを取る。ゲーム再開後も本玉がそのままゲームを連取し、4-1とリード。第6ゲーム、本玉が40-0としたところで相手が棄権し、本玉の2回戦進出が決まっている。試合はわずか30分で終了したものの、本玉はサーブが安定しており、アンフォーストエラーはわずか3回だった。

本玉は2回戦で世界77位のディアン・パリー(フランス)と対戦する。なお、同じく1日目に予定されていた世界108位の土居美咲(日本/ミキハウス)、世界118位のダニエル太郎(日本/エイブル)の1回戦は、雨の影響により2日目に延期された。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」での本玉
(Photo by David Horton - CameraSport via Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆放送・配信スケジュールはこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. グランドスラム本戦初出場の本玉が1回戦突破[ウィンブルドン]