ニュース News

ウィンブルドンで土居は第19シード選手、本玉は世界54位選手との1回戦

「WTA1000 ローマ」での土居

現地24日に「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)女子シングルスのドローが発表された。23回のグランドスラム優勝を誇る元世界女王セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が1年ぶりにグランドスラムの舞台に戻ってくる中、35連勝中の現世界女王イガ・シフィオンテク(ポーランド)を止める選手は現れるのだろうか。「ウィンブルドン」公式ウェブサイトが報じた。

6大会連続優勝中の第1シード、シフィオンテクは1回戦で予選勝者の世界ランキング254位ヤナ・ファット(クロアチア)を迎え撃つ。以降はシード選手が順当に勝ち進めば、世界88位のダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)、第27シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)、第13シードのバーボラ・クレイチコバ(チェコ)、第8シードのジェシカ・ペグラ(アメリカ)、第4シードのパウラ・バドーサ(スペイン)、第2シードのアネット・コンタベイト(エストニア)と対戦することになりそうだ。

グランドスラムに初めて第2シードとして臨むコンタベイトは、1回戦で世界119位のベルナルダ・ペラ(アメリカ)と対戦。これまでの最高成績は2020年「全豪オープン」のベスト8だが、世界97位のユレ・ニーマイヤー(ドイツ)、第29シードのアンへリーナ・カリニーナ(ウクライナ)、第14シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)、第5シードのマリア・サカーリ(ギリシャ)、第3シードのオンス・ジャバー(チュニジア)、シフィオンテクと当たりそうな今大会でそれ以上の結果を出すことができるか。

ワイルドカード(主催者推薦枠)で参戦するセレナの1回戦の相手は、「ウィンブルドン」初出場となる世界113位のアルモニー・タン(フランス)。この大会で過去7度の優勝を誇るセレナは、「WTA500 イーストボーン」(イギリス・イーストボーン/6月19日~6月25日/グラスコート)のダブルスでおよそ1年ぶりの復帰を果たしたものの、シングルスの試合に臨むのは負傷により1回戦でリタイアした前回大会以来。1回戦に勝利した場合、以降は第32シードのサラ・ソリベス トルモ(スペイン)、前回大会のファイナリストである第6シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)、第11シードのココ・ガウフ(アメリカ)、バドーサ、シフィオンテク、コンタベイトと顔を合わせる可能性が高い。

大坂なおみ(日本/フリー)の負傷欠場により日本勢は2人のみで、いずれもボトムハーフに入った。世界100位の土居美咲(日本/ミキハウス)は、1回戦で第19シードのマディソン・キーズ(アメリカ)と対戦する。2回戦で世界79位のマルタ・コスチュク(ウクライナ)と世界223位のケイティ・スワン(イギリス)の勝者、そして3回戦では地元の期待を背負う第10シードのエマ・ラドゥカヌ(イギリス)と対戦するかもしれない。ラドゥカヌは1回戦で世界46位のアリソン・バン ウィトバンク(ベルギー)を引き当てている。

予選を突破して初のグランドスラム本戦出場を果たした世界138位の本玉真唯(日本/島津製作所)は、19歳の世界54位クララ・タウソン(デンマーク)と1回戦を戦う。そこで初勝利を手にすれば、以後は第31シードのカイア・カネピ(エストニア)、ジャバーらが控えている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA1000 ローマ」での土居
(Photo by Alex Pantling/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ウィンブルドンで土居は第19シード選手、本玉は世界54位選手との1回戦