ニュース News

本玉がグランドスラム本戦初出場!世界266位選手に逆転勝利で予選突破[ウィンブルドン予選]

「ウィンブルドン」での本玉

27日より始まる本戦に先駆けて行われた「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)予選。世界ランキング138位の本玉真唯(日本/島津製作所)が女子シングルスの予選を突破し、初の本戦出場を決めた。大会公式ウェブサイトが報じている。

22歳の本玉は自身初の「ウィンブルドン」に第9シードとして臨み、予選の1回戦で世界295位のStephanie Wagner(ドイツ)に7-5、6-2のストレート勝利。2回戦では世界195位のリゼット・カブレラ(オーストラリア)に4-6、7-5、6-1の逆転勝利を飾っていた。

現地23日に行われた3回戦では世界266位のLulu Sun(スイス)と対戦。二人は昨年6月にポルトガルで行われたITF大会の1回戦で顔を合わせており、その時は本玉が6-4、6-4で勝利していた。同大会で本玉はのちに優勝している。

ちょうど1年ぶりの再戦となった今回、本玉は試合開始直後に2度チャンスを作るが決めきれない。すると第4ゲームで相手が先にブレーク。本玉もすぐさま追いつくものの、次のサービスゲームも破られて2-4とされる。1ブレークダウンのまま迎えた第9ゲームで相手のサービング・フォー・ザ・セット、Sunの得た2回のセットポイントをしのぎ、ブレーク数で並ぶ。その後タイブレークに持ち込むが、本玉は3回のセットポイントを逃してしまい、1時間以上に及んだ第1セットを落とした。しかし本玉は第2セットで3-0とリードを奪い、第8ゲームをラブゲームでブレークしてセットカウント1-1に。第3セットでは最初のサービスゲームをSunに破られるが、そこから4ゲームを連取して4-1。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第9ゲームをキープし、6-7(9)、6-2、6-3の逆転勝ち。

2021年の「全米オープン」からグランドスラムの予選に参加してきた本玉。同大会で2回戦、今年の「全豪オープン」で3回戦、「全仏オープン」では1回戦でそれぞれ敗れていたが、4度目のチャンスでついに本戦へと勝ち進んだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ウィンブルドン」での本玉
(Photo by David Horton - CameraSport via Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 本玉がグランドスラム本戦初出場!世界266位選手に逆転勝利で予選突破[ウィンブルドン予選]