ニュース News

23年間で最多!バーティの影響でオーストラリア勢が躍進[ウィンブルドン予選]

「WTA500 アデレード1」でのホン

27日より始まる本戦に先駆けて開催されている「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)予選。現地22日に男子・女子シングルスの2回戦が行われ、日本勢の一人が勝利した。また、同じように勝利した選手たちが元世界女王から受けた影響を語っている。大会公式ウェブサイトなどが報じた。

2回戦に勝ち進んだ2人の日本人選手のうち、世界ランキング247位の守屋宏紀(日本/安藤証券)は第13シードのヌーノ・ボルジェス(ポルトガル)に6-4、4-6、3-6で敗退。世界138位の本玉真唯(日本/島津製作所)は世界195位のリゼット・カブレラ(オーストラリア)に4-6、7-5、6-1の逆転勝利を収めた。予選に出場した5人の日本人の中で唯一3回戦まで進んだ本玉の次の相手は、世界266位のLulu Sun(スイス)。Sunは1回戦で世界234位のFederica Di Sarra(イタリア)を、2回戦で世界296位のSarah Beth Grey(イギリス)をそれぞれストレートで破っている。

第24シードのエリアス・イーメル(スウェーデン)は、今大会予選の1回戦で世界157位のニコラ・ミロジェビッチ(セルビア)、2回戦で世界201位のRiccardo Bonadio(イタリア)に勝利。日本と対戦した「デビスカップ・クオリファイアーズ」での活躍も記憶に新しい26歳の彼には本戦出場が決まっている3つ下の弟ミカエル・イーメル(スウェーデン)がいるが、彼らはビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)とセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)というテニス界最強の姉妹からインスピレーションを受けてきたという。テニス好きなボクシングの元世界チャンピオン、マイク・タイソンの大ファンでもあるイーメルは、あと1勝すれば2015年以来の「ウィンブルドン」本戦出場となる。

1回戦後に今大会をもって現役から引退することを明かしていた元世界16位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)は、残念ながら2回戦敗退に。第32シードのミカエル・ククシュキン(カザフスタン)からタイブレークの末に第1セットを取ったものの、第2セット以降に3回ブレークを許す。最終セットの第8ゲームで訪れたククシュキンの最初のマッチポイントはしのいだが、2つ目のマッチポイントは防げず、7-6(4)、3-6、4-6の逆転負け。昨年までに16大会連続の本戦出場を果たし、2012年にベスト8というグランドスラム最高成績を記録した大会で、20年あまりの現役生活に別れを告げた。

この予選ではオーストラリア勢の好調も話題となっている。2回戦終了時点で男女合わせて8人の選手が勝ち残っており、同国テニス協会によれば、これはここ23年間で最多の数字。その一人である世界192位のプリシラ・ホン(オーストラリア)によれば、これは今年3月に引退した元世界女王アシュリー・バーティ(オーストラリア)の影響だという。2021年のバーティの「ウィンブルドン」制覇に深く心を動かされたホンは、バーティと一緒に練習した際に彼女があらゆるものの細部までこだわり、どんな時も100%の姿勢で臨むところに大いに感銘を受けたと振り返る。2回戦でホンは第1シードのケイティ・ボリネッツ(アメリカ)に6-2、6-4で勝利。そのほかのオーストラリア勢では、世界153位のジェイミー・フォーリス(オーストラリア)が2020年「全仏オープン」でベスト4のナディア・ポドロスカ(アルゼンチン)を4-6、7-6(5)で下している。

そのほかには、元ジュニア女王たちの明暗が分かれた。2019年の「ウィンブルドン」ジュニアで優勝した第7シードのDaria Snigur(ウクライナ)は世界294位のティメア・バボス(ハンガリー)に0-6、2-6で完敗。2020年に「全豪オープン」のジュニアを制した第31シードのビクトリア・ヒメネス カシンツェワ(アンドラ)は、世界293位のConny Perrin(スイス)に6-4、6-3で勝利した。

男子のシード勢は、第1シードのベルナベ・サパタ ミラージェス(スペイン)、第2シードのジェイソン・クブラー(オーストラリア)、第3シードのステファン・コズロフ(アメリカ)、第14シードのジャック・ソック(アメリカ)、第26シードのアンドレアス・セッピ(イタリア)、第30シードのマックス・パーセル(オーストラリア)らが3回戦へ進出。

一方、女子のシード勢では、第2シードのココ・バンダウェイ(アメリカ)、第3シードのミリアム・ビョルクルン(スウェーデン)、第5シードのマディソン・イングリス(オーストラリア)、第6シードのカタジーナ・カバ(ポーランド)らが2回戦を突破している。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA500 アデレード1」でのホン
(Photo by Mark Brake/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 23年間で最多!バーティの影響でオーストラリア勢が躍進[ウィンブルドン予選]