ニュース News

大坂なおみのエージェンシーの顧客第1号はキリオス!

2020年「全豪オープン」でのキリオス

元世界ランキング13位のニック・キリオス(オーストラリア)が、大坂なおみ(日本/フリー)が5月に設立したスポーツエージェンシーのEVOLVEの顧客第1号として契約したことがわかった。英スポーツメディア EUROSPORTなど複数のメディアが報じている。

2021年末に大手スポーツマネジメント会社IMGとの契約が満了した大坂は、同社との契約を更新せず、代わりにIMGの元エージェントであるスチュアート・デュギッド氏とともにEVOLVEを設立。EVOLVEは多面的なエージェンシーとして、スポーツ界の変化に対応し、アスリートが新しい道を切り開き、新しいことに挑戦し、自らビジネスを構築することを支援する会社であると打ち出している。

この度、最初のクライアントとしてキリオスがEVOLVEの一員になったことがわかった。キリオスはコート上での暴言やラケット破壊などの問題行動が話題となる一方で、強烈なサーブやトリッキーなショットを決めて会場を沸かせることも多い。大坂は今回の契約についてこう話している。「キリオスは私たちがEVOLVEで一緒に働きたいと思うタイプのアスリート像を体現しているわ。彼はテニス界でほかに類を見ないスタイルと情熱、そして個性を持っている。私たちは彼のために、とてもユニークで先駆的な大きなことを準備しているところよ」

一方のキリオスは「スチュアートとナオミが、俺のようなアスリートをサポートするためにエージェンシーを立ち上げたことを知って、迷わず参加することにした」と経緯を明かしている。「俺はキャリアを通じて常にほかとは違うことをしようと試み、テニスというゲームに自分の個性を注ぎ込んできた。スチュアートとナオミと一緒に、これまでやってきたことをさらに発展させ、テニスというゲームを前進させることを楽しみにしている」

長年キリオスのマネジャーを務めてきたダニエル・ホースフォール氏とともに今後はキリオスの代理人を務めるデュギッド氏は、「ニックはツアーで最も才能があり、最も面白いテニス選手だ」とコメント。「彼のエネルギーは伝染するんだ。好きでも嫌いでも彼から目が離せない。ジュニア選手の大会に行けば、ニックの影響力を一瞬で実感することができる。Z世代やそれより下の世代にとって、ニックはまさに象徴的な存在なんだ」

大坂は以前にキリオスの練習を見学しており、尊敬し合う仲として知られる二人は、ペアを組んで「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)の混合ダブルスに出場するのではないかと一時噂されていた。だが、大坂は先月から痛めているアキレス腱が回復していないとして、「ウィンブルドン」欠場を発表。一方のキリオスは「ATP250 シュトゥットガルト」と「ATP500 ハレ」で2大会続けて準決勝にまで進んでおり、好調なグラスコートシーズンを送っている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2020年「全豪オープン」でのキリオス
(Photo by Daniel Pockett/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 大坂なおみのエージェンシーの顧客第1号はキリオス!