ニュース News

フェデラー、ナダル出場のレーバー・カップにオジェ アリアシムらも参加決定

「ATPカップ」でのオジェ アリアシム

ロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)がダブルスを組むことで話題を集めている今年の「レーバー・カップ」(イギリス・ロンドン/9月23日~9月25日/室内ハードコート)。同大会の追加メンバーが発表された。ATP(男子プロテニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

レジェンドのロッド・レーバー(オーストラリア)から名前を取って、2017年に始まった「レーバー・カップ」。チーム・ヨーロッパ(欧州選抜)とチーム・ワールド(世界選抜)の2チームによる団体戦となり、3日間にわたってシングルス、ダブルスの試合をし、先に13ポイントを積み上げたチームの優勝となる。大会創設者の一人であるフェデラーは第1回から3大会連続で出場し、ナダルも2017年・2019年大会に参戦していたが、2021年に開催された前回大会はリハビリと怪我のため二人とも欠場していた。

そんなフェデラーとナダルに続いて今年の大会に出場することが発表されたのは、世界ランキング9位のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)と世界14位のテイラー・フリッツ(アメリカ)、世界15位のディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)の3人。オジェ アリアシムとフリッツはこれが2回目、シュワルツマンは3回目の出場となる。

彼らを率いるチーム・ワールドのキャプテン、ジョン・マッケンロー(アメリカ)は以下のように述べて、オジェ アリアシムらの出場を歓迎した。「彼らは最も高いレベルでタイトルを勝ち獲ってきたタフな選手たちだ。彼らは“レーバー・カップ”でいかに簡単に試合の状況が変わってしまうかも理解している。チーム・ワールドはこれまで何度も惜しいところまで行っていたが、フェリックスとテイラー、ディエゴがチームにいれば、素晴らしいチャンスが得られるだろう」

ボストンで行われた前回大会で、「レーバー・カップ」最長となる2時間52分の熱戦の末にマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に7-6(3)、5-7、[8-10]で惜敗したオジェ アリアシムは、リベンジに燃えている。「チーム・ワールドに戻ってくることができて嬉しい。ボストンで初めて出場した “レーバー・カップ”は素晴らしい経験だった。あれから1年経った今回こそ、チームにポイントをもたらすことができると自信を持っているよ」

フリッツはジュネーブで開催された2019年大会ですでに勝利をあげている。当時世界30位だったフリッツは、世界5位のドミニク・ティーム(オーストリア)に7-5、6-7(3)、[10-5]で勝利していた。「チーム戦では力が引き出されるから、“レーバー・カップ”では最高の自分を出せるんだ」

シカゴでの2018年大会、ボストンでの2021年大会に続いての出場となるシュワルツマンは、「“レーバー・カップ”ではチームメイトと強い絆を築けたし、素晴らしい思い出がいくつもあるんだ。ロンドンで行われる大会に参加するのが待ちきれないよ。最高の雰囲気になるだろうね」と3度目の参加を楽しみにしている。

チーム・ヨーロッパ、チーム・ワールドのメンバーは6人ずつで、そのうち3人は世界ランキングの高い順にそれぞれの地域の選手から選ばれる。残る3人はキャプテンによって選出される。近々発表されるであろう残るチームメンバーの顔ぶれも気になるところだ。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「ATPカップ」でのオジェ アリアシム
(Photo by Andy Cheung/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. フェデラー、ナダル出場のレーバー・カップにオジェ アリアシムらも参加決定