ニュース News

今季初優勝のフルカチュがトップ10に返り咲く!錦織は12ランクダウン

2021年「ウィンブルドン」での錦織

ATP(男子プロテニス協会)は20日、最新の世界ランキングを公表した。現在リハビリに励んでいる錦織圭(日本/ユニクロ)は、先週から順位を12下げて116位となった。

「ATP500 ハレ」(ドイツ・ハレ/6月13日~6月19日/グラスコート)では、第5シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)が決勝で第1シードのダニール・メドベージェフ(ロシア)を6-1、6-4で下しシーズン初タイトルを手にした。グラスコートでは昨年の「ウィンブルドン」でベスト4に進出したものの、同サーフェスでのツアー優勝はこれがキャリア初となったフルカチュは「今年最初のタイトルを待ち望んでいたからすごく嬉しい。初めてのATP500のタイトルをグラスコートで獲ることができたから、特別なものになったよ」とコメント。順位は2アップし、3ヶ月ぶりに10位へと返り咲いた。

「ATP250 セルトーヘンボス」に続いて2週連続で決勝進出を果たしたメドベージェフは、前週から210ポイントのプラスとして世界王者の座をキープ。ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したニック・キリオス(オーストラリア)は、第2シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)らを破って、グラスコートで2大会連続のベスト4入り。順位は65位から45位へと大幅アップした。同じく準決勝まで駒を進めたオスカー・オッテ(ドイツ)は、順位を14上げ37位となり2週連続でキャリアハイを更新。前回王者のユーゴ・アンベール(フランス)は2回戦でフルカチュにストレートで敗れ、順位を53落とし103位に。

「ATP500 ロンドン」(イギリス・ロンドン/6月13日~6月19日/グラスコート)では、前回チャンピオンで第2シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が連覇を達成。また、「ATP250 シュトゥットガルト」に続き2大会連続での優勝を成し遂げた。右手の怪我からの復帰後、素晴らしい活躍を見せているベレッティーニは「いろんな感情がこみあげているよ。手術から戻って、2大会連続で優勝、なにより最も権威のあるこの大会でタイトルを防衛できるとは思ってもいなかった。これは僕のチーム、家族のおかげ。信じられないよ」と語り、喜びを露わにしていた。しかし順位はフルカチュが2つ上げたことにより、ベレッティーニは1ダウンの11位に位置している。

決勝でベレッティーニに5-7、4-6で敗れるも、今季初の決勝進出を果たしたフィリップ・クライノビッチ(セルビア)は、順位を48位から31位へと伸ばした。準決勝でクライノビッチに敗れた第7シードのマリン・チリッチ(クロアチア)は、先週と変わらず17位のまま。同じくベスト4入りのボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ)は、3アップの26位となりキャリアハイを更新。

初の本戦出場で第1シードのキャスパー・ルード(ノルウェー)にストレートで勝利するなどサプライズを起こしたワイルドカードのライアン・ペニストン(イギリス)は、180位から147位へと浮上しキャリアハイ更新。日本人ではダニエル太郎(日本/エイブル)が予選の1回戦で敗退したがポイントに変動はなく、順位は4つ上がり123位に。

そのほか日本人では、先週大会に出場していない西岡良仁(日本/ミキハウス)が1アップの101位となった。

◇   ◇   ◇

【6月20日付最新ATPランキング】
順位(前週) 名前(国籍) ポイント

1. ← (1) ダニール・メドベージェフ(ロシア) 8,160
2. ← (2) アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ) 7,030
3. ← (3) ノバク・ジョコビッチ(セルビア) 6,770
4. ← (4) ラファエル・ナダル(スペイン) 6,525
5. ← (5) キャスパー・ルード(ノルウェー) 5,050
6. ← (6) ステファノス・チチパス(ギリシャ) 4,945
7. ← (7) カルロス・アルカラス(スペイン) 4,893
8. ← (8) アンドレイ・ルブレフ(ロシア) 3,870
9. ← (9) フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ) 3,760
10. ↑ (12) フベルト・フルカチュ(ポーランド) 3,738
11. ↓ (10) マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 3,480
12. ↓ (11) キャメロン・ノリー(イギリス) 3,200
13. ← (13) ヤニク・シナー(イタリア) 3,185
14. ← (14) テイラー・フリッツ(アメリカ) 2,920
15. ↑ (16) ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン) 2,325
16. ↓ (15) デニス・シャポバロフ(カナダ) 2,293
17. ← (17) マリン・チリッチ(クロアチア) 2,220
18. ← (18) ライリー・オペルカ(アメリカ) 2,100
19. ← (19) パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン) 2,045
20. ← (20) ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン) 1,903
------------------------

26. ↑ (29) ボティック・ファン デ ザンツフープ(オランダ) 1,518

31. ↑ (48) フィリップ・クライノビッチ(セルビア) 1,300

37. ↑ (51) オスカー・オッテ(ドイツ) 1,155

45. ↑ (65) ニック・キリオス(オーストラリア) 1,050

101. ↑ (102) 西岡良仁(日本/ミキハウス) 574

103. ↓ (50) ユーゴ・アンベール(フランス) 551

116. ↓ (104) 錦織圭(日本/ユニクロ) 520

123. ↑ (127) ダニエル太郎(日本/エイブル) 492

147. ↑ (180) ライアン・ペニストン(イギリス) 401

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「ウィンブルドン」での錦織
(Photo by Mike Hewitt/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 今季初優勝のフルカチュがトップ10に返り咲く!錦織は12ランクダウン